藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  訓音所属IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線★加藤流三絃道「訓音会」公式ブログ
従妹の民謡歌手・水野詩都子さんとの祖母がお世話になっていた施設に、毎年演奏にお邪魔しておりますが、

今回、施設の利用者様だけでなく、地元の方々・老若男女問わず、ご利用頂けるようにとの目的でホールを増設、その竣工記念イベントにお招き頂きました。いつも尊いお志を貫かれ、人を大切にしながら実現されていく理事長様、明るく活気のある職員の皆様、のお気持ちが嬉しいひとときですが、

大切な杮落としにお招きを頂き、感激もひとしお。そして、いつものように、MCをしながら涙ぐむ詩都子さん(笑)。たくさんのお気持ちがつまったこの場所・この施設から、地域の皆様の笑顔がたくさんあふれますように!!

心からおめでとうございます。
関連記事
台風21号が、上陸。

被害のあった皆様には、心からお見舞い申し上げます。

私の家の周辺では、本当にすごい風で、家が揺れ、一時は電気が消えかけました。

過ぎ去って、外へ出てみると、近所の電線が切れ、停電になっているお宅が…。

自治会の皆様が、何事もなかったか、また電線の切れているところが他にもないか、拡声器で呼びかけながら、安全確認をして下さっていました。

無事ですか??はい、お陰様で。

普段は、なかなかお話しする機会が少なくても、こうした時、これまでの経験を元にしっかりと地域の安全を見守って下さるお世話役の皆様には、本当に頭が下がります。

何でもネットで手に入るような時代でも、いざという時はお互い様で、何より人と人のつながりが大切で有難いもの。

被害にあった皆様にも、何かできることがありますように、そして一日も早い復旧をお祈りいたします。そして、これからという地域の皆様には、くれぐれもお気をつけてお過ごしください。
関連記事
母がお世話になっていた、歌謡教室主催のコンサートが行われ、毎回ゲストでお招きをいただいておりましたが、今回もお世話になって参りました。

ゲストコーナーでは、邦楽デュオかぐやとして演奏させて頂き、それ以外にも、

主宰の高山ひでお先生の企画で、カラオケだけでなく、バンドさんの生演奏で歌えるコーナーにて、三味線が入っている曲には、私も伴奏で加えて頂きました。

三味線が入っている歌謡曲は、本当に幅広く、私もとても勉強になりました。また、フィナーレ前には、NHK「のど自慢」の伴奏でもお馴染み・岩田光司先生描き下ろしの楽曲にて、

バンドの皆さんと邦楽デュオかぐやで、コラボレーションをさせて頂いたりと、盛りだくさん!!

高山先生は、このようなコンサートを60回開催していらっしゃり、今回で一区切りとされるとのこと。

「ありがとうラストコンサート」と銘打たれたコンサートには、沢山のゲストの方々から、心のこもったコメントが寄せられて、あたたかいひと時となりました。

これからは、別の企画も検討中のようで、これまでのお疲れを癒されたら、また新たなスタートを切られることと思います。

こちらこそ「ありがとう」ございました!!
関連記事
いよいよ8月も終わりですね、9月はこんな公演に出演させて頂きます!

◆「TAP in 能楽堂®️2018 BWN-第11章「妖怪の巻」」

◆9月22日土曜日
15時30分開場、16時開演

◆於・名古屋能楽堂

◆出演
【役: 氏名: 担当】
人の子: Tony Masa(Tap)
夜泣き爺: Cleveland Moses jr.(CMJスタイル)
ふりかけ婆: 加藤訓音(三味線/語り)
火太郎: 松野 健(フルート)
イタチ男: 杉浦 充(箏)
猫だまし: Norico(CMJスタイル)
唐傘: 馬場慎二(コスチュームアーティスト)
悪の妖怪ツルダルマ(声): 石川恵一

◆完全前売りチケット制: ¥7000
訓音(09085534434)宛、お問合せ下さい。

または、
*Tonyチケットセンター: www.t-ep.net
又は *名古屋市文化振興事業団チケットガイド(と文化施設21カ所でご利用できます):052-249-9387

※皆さまに、ご購入頂きましたチケット代の一部は、施設のお子様方のご招待に、あてられます。

ブロードウェイはじめ、人気ドラマなどにも出演され、35年間アメリカで活躍された、タップダンスアーティスト・俳優・DJ・タレントの、Tony Masaさんの総合プロデュースにて、

私も初めての試みに、いくつも挑戦させて頂きます。

今みで見たことのない私を見ていただけると思いますので、マニアな方(笑)は、是非お見逃しなく!!お待ちしております。
関連記事
津軽三味線 訓音会 今池教室と、磐田教室で合同稽古を行い、その後、皆さんで暑気払い!

稽古は真剣に、食事会は楽しく!をモットーに有意義な一日を、すごさせて頂きました。

暑気払いでは、皆さんからそれぞれの人生と三味線について、率直で熱い思いを伺い、つらい時もお互いが励まし合い、刺激を受けながら、損得なしの真の「仲間」として、お付き合いをされている様子がとても嬉しく。

そして、人と比べるのではなく、切磋琢磨はしても、常に自分と三味線との関係を見つめていらっしゃる皆さんのお姿が、とても真摯で、印象的でした。

三味線と向き合って、自らを知り、高める努力をすることができる幸せ。

いろんな事情でそれがつらいこともあるけれど、いつも・いつでも・いつまでも、待っていてくれる三味線があること、同じ道を歩んでいる仲間があることー勇気をもらいます。

飛騨の高山で、公演の折に頂いた地酒もついに解禁!!高山の「仲間」にも思いを馳せつつ…くしゃみがでたかな(笑)??さあ、英気を養って、9月からはイベントシーズン到来、頑張ろう、訓音会!!
関連記事
皆さま、お盆は如何お過ごしでしたでしょうか??

今年は、母の初盆ということで、親族で準備を致しましたが、義姉は遊び心のある人で、母の生前もよくそんなプレゼントをして、母を喜ばせてくれていました。

こちらは、母のよく飲んでいた日本酒?いえ、こちらは、お仏壇用のロウソク。

義姉が、母にと仏壇屋さんで買ってきてくれました。母も笑って喜んでいることでしょう。

お盆に限らず、話しかければちゃんと通じるそうなので、よく父、母、姉達に話しかけています。はたからみると、ちょっとアブナイ人ですが…。

本当にお互いを思い合っていた間柄だと、多分こう言ったら、きっとこんな風に返してくれるだろうと分かる気がして、それが私たちの中に残してくれたその人からの宝物なのだと思っています。

人は一人で生まれ、一人で死ぬけれど、人との交わりがその人の中にあって、一人だけれど一人でないと感謝する日々です。

自分も、他の人にそんな何かを残せる人間になるべく精進を重ねることが、ご先祖さまや世の中へのご恩返しですね。

未熟者には道のりは遠いけれど…(汗)、頑張ります!!
関連記事
津軽三味線 訓音会 今池教室・名取の音風さんは、公認会計士さんです。

この8月から、名古屋市東区泉に、新しく事務所を構えられました!
音風さんは、とても思いやりのある、誠実なお人柄ですので、皆さまに愛される事務所となることでしょう。

これからもお仕事に、三味線に、一層精進されることと思います。誠におめでとうございます!!

◆公認会計士 吉田幸伸事務所…052-228-0954

関連記事
名古屋・錦のメンバーズみきさんで、演奏させて頂きました。

先日の御殿での演奏もそうでしたが、一般のお客様には、最近立奏でお届けすることが多くなりました。

昔から、こんな演奏スタイルができたらいいな、と思っていたパターンの一つに立奏があり、動きながらのステージングを思い描いておりましたが、

先日のみきさんでは、まさにその通りの演奏ができ、自分でも驚くほどのドーパミンが分泌(笑)。
数日間は、その余韻に脳が浸っており?、こんなこともあるものかと。

まだまだ、改善の余地が大いにあるのですが、そんなことができるものかなと思っていたことが、こうして続けている間にできるようになったこと、

それが何とも嬉しく、まだほかに思い描いていることが、実現できる日がくるように、との励みになりました。

やはり継続は力なり、ですね。

しかし、それも、演奏させてくださるお客様、聞いてくださるお客様があってのこと。その事に本当に感謝をして、精進いたします!!
関連記事
いつもお世話になっている、静岡県磐田市御殿ご町内の夏まつりに、邦楽デュオかぐやでお招き頂きました。

猛暑中、屋外での夏まつりということで、本番は夜とはいえ、仕込みはまだ日があるうち。

以前、違う現場の同じパターンで、熱中症になった反省も踏まえ、熱中症に気をつけながら、と思っていたら、

元々のご紹介が自治会つながりということで、津軽三味線 訓音会・磐田教室の名取・音馬さんが、お手伝いに駆けつけてくださり、またご町内の皆様も本当に親切に接して下さいました。

何とか無事本番にこぎつけ、さあ、いよいよ!!

開放感ある屋外、やぐらに、ビアガーデンのような座席?もあり、お客様もものすごく盛り上がって下さいましたが、私達も最高に楽しく演奏させて頂きました。〈細やかにご対応くださった、笑顔の会長様と和太鼓・シンセサイザーの奈緒美さん。〉

このお祭りには、いつもお世話になっている、そのほかのご町内の会長様や役員様も招かれていて、皆様に熱いご声援を頂き、本当に感激しました。

有難うございました、またもっとよい演奏を届けられるよう励みます!!

関連記事
先日、台風のためお稽古を断念し、行けなかったはずの名古屋大会へ。

その日、他にもこなさなければならない事があり、時間に制約がありましたが、訓成会さんの出場された合奏部門は何とか聞け、ほっ。 〈出場された、訓成会・学生の皆さん!〉

大会に行くたびに、思うことは、基準をどこに設けるか、がとても難しいなということ。

結局は、独奏でも合奏でも「津軽三味線」をどうとらえて、どう伝えていくか、というところに帰着する気がします。

どちらにしても、こうした大会が、たくさんの愛好家の研鑽の場となり、ファンを増やしたり、また津軽三味線について皆で一緒に考えていく、よい機会になることは間違いなく、

そうした大会を、毎回改善を重ねつつ、運営してくださる皆様には、本当に感謝ばかりです。

訓成会の学生さん方も、立派に弾ききり、真摯に向き合う姿勢が、とても清々しかったです。これを励みに益々精進されることと、今後が楽しみです!
関連記事
今年、さんざん姪の着付けをしましたが、はっ!自分はまだだったと、イベントへのお出かけに浴衣を着てみました。

浴衣はパーツが少ない中での勝負なので?、かえって頭を悩ませます。
〈その日、主催者様が撮って下さったスナップから〉

いろいろ悩んだ末、写真のようにしてみましたら、それを見かけた、9月現場のオファーを下さった方が、その舞台では、浴衣をもじった衣装を、とおっしゃって下さいました。

着付け(下手の横)好きとしては、出来はさておき、舞台のイメージにつながったことがとても嬉しく!!

皆様に、お披露目できる日を楽しみに、何より、内容をよりよいものにできるよう、励みたいと思います。
関連記事
「ケツカッチン」…それは、次の仕事の時間が決まっていること(さまざまあり)。

イベンターさんからのご依頼で、邦楽デュオかぐやにて、下呂温泉へ!

二台で行ってもよかったが、次の現場があり、スケジュールがとてもタイトな為、いざ二台がばらけるとタイムロスが心配だったので、一台でゴー。

まずは下呂温泉で昼現場。
かつぎ(太鼓)や、立ち三味線で、お客様とも絡みつつ、とてもあたたかいお客様と楽しい時間を過ごさせて頂きましたが、終わってからが戦争です。

すぐに出られるよう全ての道具を動線上に置いておき、親切なクライアントさん、イベンターさんのご協力も頂きながら、スムーズに次の現場・名古屋錦のホテルへ!

ほぼ予定通りに到着でき、一安心…も束の間、今度は全く違う衣装、ダンサーさんも入って全く違うプログラムに、仕込む仕込む!!

お客様のお世話役様も、ホテルのスタッフさんもとても親切に、そして細やかに対応下さったお陰様で、

(私個人的にはさまざまなハプニングがありながらも、なんとか)無事終了!!!ほーっ…。
〈ダンサーさんと、センターは和太鼓・シンセサイザーの奈緒美さん〉

人に助けられ、支えられていることに、感謝感謝の一日でした!!

注)通常、こういう現場は、ご迷惑をおかけしないよう、どちらか片方のご依頼は、お受けしないようにしております。

どうしてもという事情と、双方のお客様のご同意、交通事情の確認があり、万一の策が準備できる時のみ、お受けしております。
関連記事
家中の総ざらいをした最後の難敵、それは金庫。

鍵もあり、きちんと暗証番号も覚えているが、金庫自体が反応しなくなって数十年…。

これは、プロを呼ぶしかないということになったが、おそらく電池切れから暗証番号がリセットされたのだろうということで、

一万通り?の暗証番号を試すか、バール?でこじ開けるしかなくなってしまった。しかし、一万通りの暗唱番号を試すのは、あまり現実的ではない…となると、残るはバール作戦。

かなり前の段階で中身は母が整理して、おそらく中にはたいしたものは入っていないはずなのだが、バール作戦には結構なお値段が…(汗)。

開けて得られる?ものより、断然高い自信があったが、開けないわけにはいかないということで、バール作戦を決行していただくこととなった。
なぜ、そんなに高いのだろうと思っていたが、まずは溶接に使用するような道具での火花散る作業、それからとことん、開くまてひたすらにバランスをとりながらの力技。

親戚の子と近所の子達も見に来て、いつ開くかいつ開くかと大盛り上がり。

開いた時には大拍手!だったが、では、何が入っていたかというと…やはり全て使用済みの通帳と家周りのメンテナンスなどの契約書や説明書。

子ども達のテンションは、だださがり?だが(笑)、こちらとしては予定通りで、開かずの金庫を次世代に残さず済んだし、

母が、この家を大切にして、私たちに渡そうとしていた気持ちが何よりの宝物だ。

そして、本来、金庫に入れなければならないような物は、なかなかの財産のはずで、一人でそれだけの仕事をした父と支えた母の苦労と努力を思う。

残念ながら、私はなかなかそのような物は残してあげられないように思うが、精一杯を生きて思いを伝えよう。
関連記事
初優勝・御嶽海関の涙で、幕を閉じた名古屋場所。

私の姪は、相撲好きで、名古屋場所になると、大忙し。そして、私は浴衣の着付け担当として、出動します。〈右が姪・昔から私によく似ています〉

上手くはないけれど、好きな着付けのことですから、何度も着せるのに、毎回同じ帯結びでは…どうも納得がいかず。

何かと変えて結びましたが、最終的に、機能性との兼ね合いで、ついに万策尽きました。

そこで、姪の応援する何名かの力士の方の中から、名を型取って、帯飾り?を作ってみました(笑)。なかなかにクオリティは低いけれど…姪は喜んでつけてくれたそう。

しかし、つけたその日に、その力士は不戦勝…ご利益があったのかなかったのか?!勝ったには違いないということで…。

どちらにしても、年に数回しかない姪の着付けを堪能しました!そして仕事の副産物?で、こんな叔母でも役に立てて何よりでした。

また来年、力士の皆様の力闘と共に、楽しみに待っています!
関連記事
子どもの頃、どちらかというと男っぽく、刀や合体ロボのおもちゃが好きで、よく兄とプロレスごっこをしては泣かされていた(笑)。

ブルース・リーや、ジャッキー・チェンが活躍した頃には、兄と共に、空手道場に通いはじめたが、生来どんくさい私には組手は合わなかったよう。

型は大丈夫だったが、自分ではきちんと言われた通りやっているつもりでも、自分の中に確信のないまま。

そんなある日、兄が家でちょっとしたコツを教えてくれた。それがきっかけで、不思議なことに全ての指針が見えた。

それ以来、型が得意?になり、愛知県の大会ではあるが、優勝することもできた。

断捨離中にその賞状を発見!年が離れて、思春期になればなるほど話すことも減っていく中、妹に一言教えてくれた兄。

その一言がなければ、私は、世の中の仕組みを知らなかったかもしれない?!

お弟子さんにお話しする時、色んな表現方法があるが、人によって響く言葉は違うもの。

まだまだ未熟な私ではありますが、できない私ができることは、できない人間だからこそ、学ぶ方々への表現の幅ができるはず、ということ。

お弟子さんに、そんな存在でいられるように。
関連記事