藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  訓音所属IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線★加藤流三絃道「訓音会」公式ブログ 中日新聞
先日、私の住む東海地方の新聞・中日新聞に、秋田民謡全国大会 三味線の部での優勝をとりあげて頂きました。

とりあげて頂いた朝から、お電話やメールなど、たくさんのお言葉やメッセージを頂き、感謝ばかりです。

考えてみれば、以前にもテレビやラジオ、新聞・雑誌に取り上げて頂くことはありましたが、それは私自身をとりあげて頂いただけで、私が何かを成した「事実」ではなかったので、

こうして、「事実」として伝えて頂けることの重みをかみしめています。

久しぶりの方も覚えていて下さり、皆様が我が事のように喜んでくださること、改めてこんなに思って頂けることの「有り難さ」をひしひしと感じ、

そしてそのように皆様に認知して頂いたからには、ますますそれに恥じない芸と人間であらねばと気持ちを引き締めました。

子どもの頃から私を見知っている、近所の皆様も、ものすごく喜んで下さり、「にっこり笑っているお母さんが見えるよ、喜んでいるよ!」とおっしゃって下さいました。

仏壇にも、新聞をあげて見てもらっています。
「親は無くとも親孝行はできる」と、ある心友が教えてくれましたが、少しは親孝行できたかな?と問いかけています。

小さい頃から、私のことを「宝物」と言って育ててくれた母に、かわいがってくれた父に姉に、何もしてあげられなかった自分がいますが、その分三味線を通して少しでも世の中のお役に立って、ご恩返しをしていきたいと思っています。

そして、こうして皆様からお言葉を頂けるのも、9回目の挑戦に消極的だった私を、諦めるなと諭して下さった師匠のお言葉とご指導が、あってのこと。

8回目の挑戦後から一層悩む私を、私のところまでおりてきて下さりご自身の語りたくないことまで語って下さって、ずっと励まし続けて下さった師匠に、ご恩返しできますように、

いや、これまでのご恩は大き過ぎて、なかなかお返しするには至らないかもしれませんが…精進したいと思います。

最後になりましたが、今回の掲載にあたり、秋田民謡全国大会・事務局様には、お忙しい中資料提供や取材に対し、多大なご協力とあたたかいお気持ちを頂きましたこと、心から御礼申し上げます。本当に有難うございました。
関連記事
コメント
コメントを投稿
URL
コメント
パス設定
秘密 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック