藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  訓音所属IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線★加藤流三絃道「訓音会」公式ブログ 夢?は大きく
先日、N◯Kの「ヒストリア」という番組で、戦国のラストサムライとして、「水野勝成」がとりあげられていた。

本当に偶然目にとまって、最後まで見てしまったのだが。

鬼日向(おにひゅうが)と恐れられ、戦国時代終盤に活躍、広島の福山城を築き、70代で島原の乱をおさめるために幕府方から要請を受けて戦場へ。

見事お役目を果たした上、隠居した80代でもバリバリ鉄砲の腕を磨いていた、というラストサムライとして紹介されていた。

徳川家康の従弟とのことだったが、ふと「水野」という姓に、まさかねー、とネット検索。

母の旧姓は水野で、生前、もともとうちは水野十郎左衛門の流れなんだよ、と呟いていたような…。

水野十郎左衛門…数々の作品にとりあげられている名前であるが、本来は「水野成之」とある。

おや、「成」?!と…よくよく見たら、テレビで見た「水野勝成」の孫とある…。ええー!!

では、家康の従弟の孫の血筋??と、遠いけれど、なんだかとてもロマン。

父方は、伊賀の忍者の流れとの怪しい噂もありながら(笑)、

ご先祖様に感謝しつつ、恥ずかしくない人生を送らねばと襟を正したひとときでした。
関連記事
コメント
コメントを投稿
URL
コメント
パス設定
秘密 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック