藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  訓音所属IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線★加藤流三絃道「訓音会」公式ブログ 2018年1月・2月演奏フラッシュ「新春のうたげライブ」!!
もう既に、新春からは随分経ってしまいましたが…1月28日に行いました、民謡バンドこまち&和太鼓スペシャルユニットスリードラゴンズ「新春のうたげライブ」の模様です。

冒頭はスリードラゴンズさんの口上から。この口上、「かたしゃぎり」と呼ばれる太鼓などの鳴り物があってから行うのが通常の流れ。

実は、この日のかたしゃぎりは、とても贅沢なメンバーで、生演奏されていたのでした。 さらに所作から、全て素晴らしいサポートメンバー?が監修してくださいまして、このお三方のお人柄と舞台人としての意気がまた一層客席を盛り上げていました。

そこから、早着替えで、私の三味線とコラボレーション!ん?三味線??いや、違いますね(笑)。

専門外の楽器?とはいえ、さすがのリズム感とパフォーマンスで、この時のグルーヴは最高に印象的。
そして!舞台は、こまちとスリードラゴンズ、それぞれのコーナーとコラボレーションへ。
こまちの衣装もよく派手と言われますが、スリードラゴンズさんもいや、さすがです(笑)。

しかし、さすが愛知県を拠点に世界までも羽ばたくプロチームの打ち頭ばかりのユニット、太鼓の躍動感・パワー!!!私の親戚の子供ちゃん達もすっかり和太鼓に夢中に。見上げてごらん夜の星を、でホール中にお星様。舞台スタッフの皆様には、本当にご無理を申しましたのに、とても素敵に彩って頂き、心があらわれるような美しいひととき。一年以上をかけて準備する中で、メンバーそれぞれの人柄や音楽・舞台に対する情熱や愛に触れ、こんなにお互いを感じ合い、キラキラした時間を過ごせること、それをお客様と共有できること、

なんて幸せなんだろうとつくづく思った舞台でした。そして、様々衰えを感じる年頃、いつまでこの幸せを噛み締めていられるだろうか、刹那のこのありがたさをしみじみと。

(のちに、協会名人位の大先輩方の至芸に触れ、そんな弱気はふっとびましたが)また、裏方をお手伝いくださった各メンバーの関係者の皆さまにはもう何と御礼を申し上げてよいやら。
そして!!やはりいた雪男、雪女…小雪ちらつく中お越し下さった、満席のお客様に心から愛を込めて、感謝申し上げます。
関連記事
コメント
コメントを投稿
URL
コメント
パス設定
秘密 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック