藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  訓音所属IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線★加藤流三絃道「訓音会」公式ブログ 2018年08月
いよいよ8月も終わりですね、9月はこんな公演に出演させて頂きます!

◆「TAP in 能楽堂®️2018 BWN-第11章「妖怪の巻」」

◆9月22日土曜日
15時30分開場、16時開演

◆於・名古屋能楽堂

◆出演
【役: 氏名: 担当】
人の子: Tony Masa(Tap)
夜泣き爺: Cleveland Moses jr.(CMJスタイル)
ふりかけ婆: 加藤訓音(三味線/語り)
火太郎: 松野 健(フルート)
イタチ男: 杉浦 充(箏)
猫だまし: Norico(CMJスタイル)
唐傘: 馬場慎二(コスチュームアーティスト)
悪の妖怪ツルダルマ(声): 石川恵一

◆完全前売りチケット制: ¥7000
訓音(09085534434)宛、お問合せ下さい。

または、
*Tonyチケットセンター: www.t-ep.net
又は *名古屋市文化振興事業団チケットガイド(と文化施設21カ所でご利用できます):052-249-9387

※皆さまに、ご購入頂きましたチケット代の一部は、施設のお子様方のご招待に、あてられます。

ブロードウェイはじめ、人気ドラマなどにも出演され、35年間アメリカで活躍された、タップダンスアーティスト・俳優・DJ・タレントの、Tony Masaさんの総合プロデュースにて、

私も初めての試みに、いくつも挑戦させて頂きます。

今みで見たことのない私を見ていただけると思いますので、マニアな方(笑)は、是非お見逃しなく!!お待ちしております。
関連記事
津軽三味線 訓音会 今池教室と、磐田教室で合同稽古を行い、その後、皆さんで暑気払い!

稽古は真剣に、食事会は楽しく!をモットーに有意義な一日を、すごさせて頂きました。

暑気払いでは、皆さんからそれぞれの人生と三味線について、率直で熱い思いを伺い、つらい時もお互いが励まし合い、刺激を受けながら、損得なしの真の「仲間」として、お付き合いをされている様子がとても嬉しく。

そして、人と比べるのではなく、切磋琢磨はしても、常に自分と三味線との関係を見つめていらっしゃる皆さんのお姿が、とても真摯で、印象的でした。

三味線と向き合って、自らを知り、高める努力をすることができる幸せ。

いろんな事情でそれがつらいこともあるけれど、いつも・いつでも・いつまでも、待っていてくれる三味線があること、同じ道を歩んでいる仲間があることー勇気をもらいます。

飛騨の高山で、公演の折に頂いた地酒もついに解禁!!高山の「仲間」にも思いを馳せつつ…くしゃみがでたかな(笑)??さあ、英気を養って、9月からはイベントシーズン到来、頑張ろう、訓音会!!
関連記事
皆さま、お盆は如何お過ごしでしたでしょうか??

今年は、母の初盆ということで、親族で準備を致しましたが、義姉は遊び心のある人で、母の生前もよくそんなプレゼントをして、母を喜ばせてくれていました。

こちらは、母のよく飲んでいた日本酒?いえ、こちらは、お仏壇用のロウソク。

義姉が、母にと仏壇屋さんで買ってきてくれました。母も笑って喜んでいることでしょう。

お盆に限らず、話しかければちゃんと通じるそうなので、よく父、母、姉達に話しかけています。はたからみると、ちょっとアブナイ人ですが…。

本当にお互いを思い合っていた間柄だと、多分こう言ったら、きっとこんな風に返してくれるだろうと分かる気がして、それが私たちの中に残してくれたその人からの宝物なのだと思っています。

人は一人で生まれ、一人で死ぬけれど、人との交わりがその人の中にあって、一人だけれど一人でないと感謝する日々です。

自分も、他の人にそんな何かを残せる人間になるべく精進を重ねることが、ご先祖さまや世の中へのご恩返しですね。

未熟者には道のりは遠いけれど…(汗)、頑張ります!!
関連記事
津軽三味線 訓音会 今池教室・名取の音風さんは、公認会計士さんです。

この8月から、名古屋市東区泉に、新しく事務所を構えられました!
音風さんは、とても思いやりのある、誠実なお人柄ですので、皆さまに愛される事務所となることでしょう。

これからもお仕事に、三味線に、一層精進されることと思います。誠におめでとうございます!!

◆公認会計士 吉田幸伸事務所…052-228-0954

関連記事
名古屋・錦のメンバーズみきさんで、演奏させて頂きました。

先日の御殿での演奏もそうでしたが、一般のお客様には、最近立奏でお届けすることが多くなりました。

昔から、こんな演奏スタイルができたらいいな、と思っていたパターンの一つに立奏があり、動きながらのステージングを思い描いておりましたが、

先日のみきさんでは、まさにその通りの演奏ができ、自分でも驚くほどのドーパミンが分泌(笑)。
数日間は、その余韻に脳が浸っており?、こんなこともあるものかと。

まだまだ、改善の余地が大いにあるのですが、そんなことができるものかなと思っていたことが、こうして続けている間にできるようになったこと、

それが何とも嬉しく、まだほかに思い描いていることが、実現できる日がくるように、との励みになりました。

やはり継続は力なり、ですね。

しかし、それも、演奏させてくださるお客様、聞いてくださるお客様があってのこと。その事に本当に感謝をして、精進いたします!!
関連記事
いつもお世話になっている、静岡県磐田市御殿ご町内の夏まつりに、邦楽デュオかぐやでお招き頂きました。

猛暑中、屋外での夏まつりということで、本番は夜とはいえ、仕込みはまだ日があるうち。

以前、違う現場の同じパターンで、熱中症になった反省も踏まえ、熱中症に気をつけながら、と思っていたら、

元々のご紹介が自治会つながりということで、津軽三味線 訓音会・磐田教室の名取・音馬さんが、お手伝いに駆けつけてくださり、またご町内の皆様も本当に親切に接して下さいました。

何とか無事本番にこぎつけ、さあ、いよいよ!!

開放感ある屋外、やぐらに、ビアガーデンのような座席?もあり、お客様もものすごく盛り上がって下さいましたが、私達も最高に楽しく演奏させて頂きました。〈細やかにご対応くださった、笑顔の会長様と和太鼓・シンセサイザーの奈緒美さん。〉

このお祭りには、いつもお世話になっている、そのほかのご町内の会長様や役員様も招かれていて、皆様に熱いご声援を頂き、本当に感激しました。

有難うございました、またもっとよい演奏を届けられるよう励みます!!

関連記事
先日、台風のためお稽古を断念し、行けなかったはずの名古屋大会へ。

その日、他にもこなさなければならない事があり、時間に制約がありましたが、訓成会さんの出場された合奏部門は何とか聞け、ほっ。 〈出場された、訓成会・学生の皆さん!〉

大会に行くたびに、思うことは、基準をどこに設けるか、がとても難しいなということ。

結局は、独奏でも合奏でも「津軽三味線」をどうとらえて、どう伝えていくか、というところに帰着する気がします。

どちらにしても、こうした大会が、たくさんの愛好家の研鑽の場となり、ファンを増やしたり、また津軽三味線について皆で一緒に考えていく、よい機会になることは間違いなく、

そうした大会を、毎回改善を重ねつつ、運営してくださる皆様には、本当に感謝ばかりです。

訓成会の学生さん方も、立派に弾ききり、真摯に向き合う姿勢が、とても清々しかったです。これを励みに益々精進されることと、今後が楽しみです!
関連記事
今年、さんざん姪の着付けをしましたが、はっ!自分はまだだったと、イベントへのお出かけに浴衣を着てみました。

浴衣はパーツが少ない中での勝負なので?、かえって頭を悩ませます。
〈その日、主催者様が撮って下さったスナップから〉

いろいろ悩んだ末、写真のようにしてみましたら、それを見かけた、9月現場のオファーを下さった方が、その舞台では、浴衣をもじった衣装を、とおっしゃって下さいました。

着付け(下手の横)好きとしては、出来はさておき、舞台のイメージにつながったことがとても嬉しく!!

皆様に、お披露目できる日を楽しみに、何より、内容をよりよいものにできるよう、励みたいと思います。
関連記事