藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  訓音所属IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線★加藤流三絃道「訓音会」公式ブログ 「加藤訓音」エッセイ
新しい年、新しい時代が始まる2019。

自分自身もあり方を見つめ直し、バージョンアップしていきたいと思っています。

世の中の人の心も、社会の中で取り残されていきませんように、音楽・民謡・三味線で出来ること、少しでもご恩返ししていきたいと思います。

藤秋会はいよいよ来年オリンピックイヤーの40周年に向けて準備が本格化する年。
心身ともに健康に気をつけて頑張りたいと思います。

皆々様にも、健やかでよき年でありますように!!
今年は、人生初めての年頭ライブから、一月末に民謡バンドこまちとして、和太鼓スペシャルユニットスリードラゴンズさんとのホール公演。

二月三月は、藤秋会として「日本演歌の夢祭り」五大都市ツアーに参加させて頂き、

四月は、秋田大会。

五月は、訓成会さんの20周年記念公演。

九月は、初めての語り・演奏で、名古屋能楽堂タップダンス公演への出演。

十月は、訓栄会桑名教室さんの20周年記念公演、そしてバンドさんとの歌謡曲伴奏・コラボ。

十一月は、郷土民謡民舞全国大会と紫栄会講演会。

十二月は、御礼参りに。〈御礼参りでは、サンタでサプライズも(汗)〉

今年は、体調の変化も激しく、なかなか思い通りにいかない時もありましたが、

いつも忍耐強く指導して下さる御家元、あたたかいお気遣いを下さる奥様、

時には自らを振り返らせ、時にはそっと支えて下さる兄弟弟子や仲間の演奏家の皆様、

ご自身が辛い時にもくじけず頑張る姿で、三味線への情熱を思い出させて下さり、こんな私を信じて助けてついてきて下さる訓音会の皆さん。
〈訓音会の皆さんと!うつっていない皆さん、ごめんなさい…〉

そして、たくさんの応援を下さったお客様。

伝えきれない感謝で胸がいっぱいです。
本当に有難うございました!!

来年も何卒宜しくお願い申し上げます。
皆様にとって健やかで心安らかで充実した一年でありますように。
このお仕事をさせて頂いて、気がつけばはや数十年。

元々狭い名古屋ではありますが、最近いろんな所でいろんな方と、お知り合いがお知り合いという事がとても多く。

先日、姉弟子・訓成さんからのご紹介で藤秋会としてお邪魔した御席では、大変に大きなパーティーだった事もあり、10名様をこえる方が知人。

その御席で、司会をされていたMCの小森さんと、そのパーティーのご出席者であり異業種交流会でご一緒させて頂いている弁護士の小野田先生がお知り合いと判明!

小野田先生のご紹介で、小森さんと会食させて頂きました。

すると、またしてもお知り合いがお知り合い、との話に花が咲くといった具合。楽しい時間を過ごさせて頂きました。

そんな中嬉しいお言葉を頂きましたので、ご紹介。元々のパーティーの折に、小森さんが司会席から私どもの演奏をご覧になって、

藤秋会さんの演奏が素晴らしいのは、重々分かっているのですが、それだけでなく着物の着付けがとても素晴らしかった、とのお言葉。

あちこちでMCをされご活躍の49年を過ごされた小森さんに、そのようなお言葉を頂き、

五木ひろしさんの公演などでたくさんの勉強をさせて頂いたことが、そのような評価につながった事を思いました、改めて感謝ばかりです。

そして、お忙しい中そんなご縁をとりもって下さった弁護士の小野田先生は、弁護士というお仕事はとても近寄りがたいイメージがあるのですが、お着物好きで日本文化への造詣が深く、かつとても気さくで素敵な先生です。
〈センターが小森さん、右が小野田先生〉
楽しい時間はあっという間、本当に有難うございました。

小森さんは、藤秋会の「新春を寿ぐ会」にも前々からスケジューリングの上、ご臨席下さるそうです!!またお会いできる日を楽しみに。

清々しいお天気の朝、関ヶ原へ。

異業種交流会でご一緒させて頂いている方から、関ヶ原ふれあいセンターで司会をつとめられるイベントに、津軽三味線の方々が出演されると伺いました。

よくよく聞けば、訓京会の皆様のことではありませんか!それは、応援に行かねば、とお邪魔しました。

オープニングを飾られた訓京会の皆様は、南部俵積み唄の歌声も美しく、京泰くんのソロ演奏に、しっかりとした基本技術に裏付けられた一体感のある合奏、会場からは納得の大きな拍手!!お気遣いの訓京先生と訓京会の皆様には、突然お邪魔したのにも関わらず大歓待を頂き、恐縮至極。

楽屋で、半纏の下にお召しのTシャツが格好よいですねとお話していると、何とこの素晴らしい書は訓京先生のお孫さんの書かれたものなのだとか! 前は、石田三成公の紋に、その精神性をあらわす説の英語がまたオシャレです。関ヶ原愛が満載ですね。地域にしっかりと根をはり、広い世代に三味線を伝えて、風土文化に貢献されるお姿が、とても印象的で素敵な訓京先生と訓京会の皆様でした!! 大変お疲れ様でございました、そして有難うございました。
時折面倒を見ている、親戚の子「ももかちゃん」。

9月から新しく自分の部屋をもらい、女の子らしくいろいろこだわってお部屋作りに励んでいます。

ある時、お部屋に入ったら、学習机の前の壁に、こんな貼り紙が…。

何か思うところがあったのでしょうか…8歳なのに(汗)。

ストイックな感じ、好きですが(笑)。私も、が、がんばります。
昔から可愛がっていただいている方から、こんな素敵なプレゼントを頂きました。

実は、こちら全て手作り。

以前から、おしゃれな手作り小物をよく頂戴していましたが、それがどんどんグレードをあげていらして、もうお店で販売されるプロレベル!!

いつも明るく、あたたかく、前向きなお人柄とお見受けしていましたが、おいくつになられても、何にでも真剣に取り組まれる方は、こんな域に達するものなんだなと、

素敵なお品と共に、勇気と元気を頂きました!
私も、お手本にして頑張ります!!
台風21号が、上陸。

被害のあった皆様には、心からお見舞い申し上げます。

私の家の周辺では、本当にすごい風で、家が揺れ、一時は電気が消えかけました。

過ぎ去って、外へ出てみると、近所の電線が切れ、停電になっているお宅が…。

自治会の皆様が、何事もなかったか、また電線の切れているところが他にもないか、拡声器で呼びかけながら、安全確認をして下さっていました。

無事ですか??はい、お陰様で。

普段は、なかなかお話しする機会が少なくても、こうした時、これまでの経験を元にしっかりと地域の安全を見守って下さるお世話役の皆様には、本当に頭が下がります。

何でもネットで手に入るような時代でも、いざという時はお互い様で、何より人と人のつながりが大切で有難いもの。

被害にあった皆様にも、何かできることがありますように、そして一日も早い復旧をお祈りいたします。そして、これからという地域の皆様には、くれぐれもお気をつけてお過ごしください。
皆さま、お盆は如何お過ごしでしたでしょうか??

今年は、母の初盆ということで、親族で準備を致しましたが、義姉は遊び心のある人で、母の生前もよくそんなプレゼントをして、母を喜ばせてくれていました。

こちらは、母のよく飲んでいた日本酒?いえ、こちらは、お仏壇用のロウソク。

義姉が、母にと仏壇屋さんで買ってきてくれました。母も笑って喜んでいることでしょう。

お盆に限らず、話しかければちゃんと通じるそうなので、よく父、母、姉達に話しかけています。はたからみると、ちょっとアブナイ人ですが…。

本当にお互いを思い合っていた間柄だと、多分こう言ったら、きっとこんな風に返してくれるだろうと分かる気がして、それが私たちの中に残してくれたその人からの宝物なのだと思っています。

人は一人で生まれ、一人で死ぬけれど、人との交わりがその人の中にあって、一人だけれど一人でないと感謝する日々です。

自分も、他の人にそんな何かを残せる人間になるべく精進を重ねることが、ご先祖さまや世の中へのご恩返しですね。

未熟者には道のりは遠いけれど…(汗)、頑張ります!!
今年、さんざん姪の着付けをしましたが、はっ!自分はまだだったと、イベントへのお出かけに浴衣を着てみました。

浴衣はパーツが少ない中での勝負なので?、かえって頭を悩ませます。
〈その日、主催者様が撮って下さったスナップから〉

いろいろ悩んだ末、写真のようにしてみましたら、それを見かけた、9月現場のオファーを下さった方が、その舞台では、浴衣をもじった衣装を、とおっしゃって下さいました。

着付け(下手の横)好きとしては、出来はさておき、舞台のイメージにつながったことがとても嬉しく!!

皆様に、お披露目できる日を楽しみに、何より、内容をよりよいものにできるよう、励みたいと思います。
家中の総ざらいをした最後の難敵、それは金庫。

鍵もあり、きちんと暗証番号も覚えているが、金庫自体が反応しなくなって数十年…。

これは、プロを呼ぶしかないということになったが、おそらく電池切れから暗証番号がリセットされたのだろうということで、

一万通り?の暗証番号を試すか、バール?でこじ開けるしかなくなってしまった。しかし、一万通りの暗唱番号を試すのは、あまり現実的ではない…となると、残るはバール作戦。

かなり前の段階で中身は母が整理して、おそらく中にはたいしたものは入っていないはずなのだが、バール作戦には結構なお値段が…(汗)。

開けて得られる?ものより、断然高い自信があったが、開けないわけにはいかないということで、バール作戦を決行していただくこととなった。
なぜ、そんなに高いのだろうと思っていたが、まずは溶接に使用するような道具での火花散る作業、それからとことん、開くまてひたすらにバランスをとりながらの力技。

親戚の子と近所の子達も見に来て、いつ開くかいつ開くかと大盛り上がり。

開いた時には大拍手!だったが、では、何が入っていたかというと…やはり全て使用済みの通帳と家周りのメンテナンスなどの契約書や説明書。

子ども達のテンションは、だださがり?だが(笑)、こちらとしては予定通りで、開かずの金庫を次世代に残さず済んだし、

母が、この家を大切にして、私たちに渡そうとしていた気持ちが何よりの宝物だ。

そして、本来、金庫に入れなければならないような物は、なかなかの財産のはずで、一人でそれだけの仕事をした父と支えた母の苦労と努力を思う。

残念ながら、私はなかなかそのような物は残してあげられないように思うが、精一杯を生きて思いを伝えよう。
一週間ほど前から、

親戚のお子達が、気持ちが悪い、お腹が痛いと、次々に。

ある子は熱が出たり、ある子は頭も痛くなったり。

子どもは、免疫力がなくて大変だなあ、とかわいそうに思っていたら、

なんだか、食欲全開だった自分が、食べたくない、その上ちょっとお腹が痛い?!

いやいや…と、食い意地だけははっているので、気のせいでしょうとそこをおして食べたところ、見事に気持ちが悪い。

これはー?!と思ったら、翌日朝から悪寒、関節痛も一緒にやってきました。

さすがに諦めて、水分だけ。

何とかその翌日は回復してきましたが、若干の気持ち悪さは残っているので、食事は刺激物をさけ、様子見運転。

免疫力がおちているのは、加齢のせいでしょうか…。いやいや、自己管理が甘かったということで、気を引き締めて頑張ります。

皆様もご自愛くださいね!
親戚の子が作った粘土細工。
(左のパンは、指よりも小さいので、全体をその縮尺でご覧ください。)そして、折り紙。

うーん、子どもは感性の宝庫!

三味線にも興味がありそうで、今から楽しみです。
1月のコンサートに、絶大なお力を発揮して、お手伝い下さった「心の友」三味線奏者の方の、リサイタルに応援に行ってまいりました。

マイクなし、MCなしの現代曲リサイタル。

津軽三味線とは異なる世界でしたが、三味線の可能性のひろがりにワクワクしながら拝聴しました。また、裏方のさばきの違いなども、とても勉強になりました!ご盛会に心からお祝いを申し上げ、東京を後に。

車での往復でしたが、富士山以外にもこんな山を発見(笑)。高山に続き、思い出深い旅となりましたとさ。
感動の公演!

私の高山でのお役目は全て終え、名古屋へ帰る段となり、お腹が空いたと美味しいお肉を頂いてみたり。

満足したにもかかわらず、デザートとコーヒーを頂きたくなって、素敵なカフェにはしごしてみたり。とことん堪能させて頂きました!

お店の方も皆さんあたたかくて、後ろ髪ひかれる飛騨高山でした。
例年より早く行われた免許授与式でしたが、気持ちの良い季節、清々しい一日となりました。

今年は、訓音会から昇格者がなかったこともあり、式典での祝辞を仰せつかりました。

最近、いろいろな場でご挨拶をよく拝聴しますが、演奏せずお話だけというのは、勝手も違い、難しいもの。

このような機会には、御家元をはじめ、たくさんの皆様のお言葉をうかがいますが、どのお言葉にもお一人お一人のお人柄や、信念、思いがうかがわれ、とても興味深く勉強になります。

また、昇格者の皆様の今後の抱負をうかがうと、毎年自分の時のことも思い出し、身の引き締まる思いです。
昇格された皆様、本当におめでとうございました。共に精進を致したいと思います、今後とも何卒よろしくお願いいたします。