藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  訓音所属IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線★加藤流三絃道「訓音会」公式ブログ 「加藤訓音」が弾く
横浜では、横浜パシフィコ国立ホールという素晴らしいホールで演奏の機会を頂きました。プレゼンターは俳優の渡辺裕之さん、メインゲストは石井竜也さん、というイベントのオープニング演奏で、

「和楽」という女性邦楽ユニットの一員として、ライトパフォーマンス集団「雷光炎舞かぐづち」さんとコラボレーションさせて頂きました。箏曲演奏家の平野春海さんとは、お着物を合わさせて頂き、半衿まで!何もかも貴重な経験をさせて頂き、感激のステージでした。

翌日は、ホテルナゴヤキャッスルで行われた某団体・500名様のパーティーにて、民謡バンドこまちで演奏させて頂きました。

大規模なパーティーとあって、音響スタッフさんにも、コンパニオンさんにも、お客様にも、知り合いの皆様が!心強いステージのはずだったのですが、民謡歌手しずこさんへのきっかけだしをとばした私…。〈ほんとにほんとにすみません!!の図〉

しかし、さすがのしずこさんは事なきを得、演奏自体は、喜んで頂けたご様子で何よりでした(汗)。

振り返れば、本当に幸せな演奏活動をさせて頂いた平成の代。師匠へ、お弟子さんへ、仲間へ、そしてお客様へ!感謝を忘れず、更なる精進を令和の代にも誓います。
平成最後の月・4月は盛りだくさんでした。

母がお世話になっていた施設様の関係で、地元の施設様に慰問演奏へ。こちらの施設様では、素晴らしいカラオケ・音響設備、立派なステージ付きのレクリエーション室、そしてレクリエーション専任担当がいらっしゃり、

これからの施設様のあるべき姿を模索・追究していらっしゃるご様子に感心しきり。その上、嬉しい飾り付けでお迎え下さり、感謝ばかりです。

続いて、名古屋国際ホテルでは、美術展のオープニングパーティーでの演奏。あ、衣装は同じに見えますが、こちらは振袖です(汗)。和太鼓には石原奈緒美さんに共演頂きました。一番気を遣ったのは、隣の会場への音漏れ防止のため、開始5分間はMCのみですすめるという事でしたが、何とか無事こなし演奏に集中することができ、ホッ。

あたたかいお客様と、楽しく過ごさせて頂きました!大変有難うございました。つづく
邦楽デュオかぐや、亀山にてイベント出演させて頂きました。ゴルフ場のパーティー会場にて、コンペ後のパーティーということで、いつもの仕込みの流れとは、異なる進行。

あたふた?しながらも、何とか本番を終えました!何度か見ていただいているお客様でしたので、衣装に悩みましたが、春らしく思い切ってピンクで!(汗)

何才までピンクは着てよいのかという議論を毎回致しますが…お許し頂いて?!

私達の後には、ボクサーから演歌歌手になられた山崎ていじさんがご出演になり、歌声と共にあた高いお人柄にきゅんと。〈センター・山崎ていじさん!〉

ある方の退職を記念したコンペパーティーだったのですが、主役のその方は、私達のMCにも、一回ずつ起立して応えて下さり、パーティー後にも私達を仲間の皆さんへ、応援してあげてとご紹介くださるような、義理堅い素晴らしい人生の先輩でした。

パーティーアトラクションでは、毎回様々な方々と関わりますが、その度にいろんな方々の人生観やメソッドを垣間見ます。

本当に、人と人は、その間の関係があってこそ、「人間」なのだと、つくづく勉強させていただいています。まだまだ未熟者ですが、これからも精進致します!
母がお世話になっていた歌謡教室様の新年会に、民謡バンドこまちでお招きいただきました!

会場は、愛西市のカフェラニカイ。カフェといっても着席で80名は収容する大きなお店。ハワイ風の洒落た店内に、こまちの為にと用意してくださった屏風が、妙に?マッチ!

こまちは、昼に一回、夕方の結びに一回の演奏。
朝から、出席者の皆さんの歌声と、ゲスト演歌歌手の皆さんのパフォーマンスで、会場は、徐々に盛り上がり、私達の演奏にもものすごい熱量でお客様が応えて下さいました!終わってからも、またきてね、またきてね!とお言葉をいただき、心から嬉しいひととき。

実は演奏中、思わぬハプニングもあったのですが、それもまた、お互いへの信頼感で乗り切り!?こまち結成から22年の月日を思いました。〈ゲストの皆様と!〉

高山先生ご夫妻、ラニカイ様、そして、お客様に心から感謝して、こまち、今年もゆるりと?!頑張ります!!
何年かぶりに、扶桑文化会館で演奏させて頂きました!

この会館は、当初から素晴らしい会館との評判が高く、また一流の演奏家をよく招いていて、何度お邪魔しても独特の雰囲気に、文化度の高さを感じます。

民謡バンドこまちで演奏させて頂いたところ、懐かしいお顔の数々!ひところ、よく扶桑町や大口町へお邪魔させて頂いていたのですが、その頃お世話になった皆さまがお越し下さり、とても喜んでくださいました。それが何年前かと考えると…少し気が遠くなるのですが(笑)、「立派になられて」とおっしゃって頂いたので、よしとしましょう?!長い年月、かわらず演奏させて頂けること、そして、お客様が覚えていてくださって、また応援にきて頂けること、その有り難さをしみじみ感じながら、

次にお会いする時には、もっと喜んで頂けるよう精進を重ねたいと思います!
なかなかご報告がリアルタイムに追いつきませんが…2月2日には、演歌歌手・渕上雅代さんの新曲発表記念コンサートにお招きいただきました!

お母様のご出身地・熊本県の民謡・牛深ハイヤ節でも、コラボレーションさせて頂きましたが、雅代さんのお人柄とステージング、そしてあたたかいお客様のお陰様で、とても楽しく演奏させて頂きました。

九州からのゲスト出演・原口豊秀先生の歌声は、これまた素晴らしく、私の大好きな歌謡浪曲「俵星玄蕃」では、舞台袖でも大盛り上がり。

ラストは、勿論新曲にて、客席と掛け声で一体となり、興奮は最高潮!

スタッフの皆さんも本当に親切で、まるで、ファミリーの一員に加えて頂いたようなあたたかい、あたたかいコンサートでした。

応援くださったお客様、たくさんのご声援を心から有難うございました!!
御礼が遅くなりましたが、1月末に行った「新春!民謡(うた)と三絃の玉手箱in一宮」が無事終演致しました。

ほぼ一年をかけて準備したコンサートは、そのために書き下ろされた曲や、そのために編曲された曲など、普段やらないことがほとんどという、かなりせめた?内容。

従妹の民謡歌手・水野詩都子さんの故郷・一宮のイベントということで、お客様もとてもあたたかく、たくさん駆けつけて下さった私のお客様も、嬉しい応援を下さいました!〈MCで、振袖のしずこさんの母扱いの冗談も(笑)〉

三味線・胡弓の本條秀五郎さんは言うまでもなく素晴らしい奏者でいらっしゃいますが、その芸に対する真摯な姿勢は勿論のこと、

その音楽性、ご自身の引き出しにないものも貪欲に身につける探求心、それを支える基礎的素養の質の高さ、

私のような者が言うのはおこがましいですが、本当に素晴らしい音楽家でいらっしゃいます。

でも、一番素敵なのは、よい音楽を求める思いで、全てを凌駕されること。

愛あふれる唄と、キュートで機知に富んだトークでお客様と一体となる空間を演出された、素晴らしいパフォーマーであり、また

このような貴重な共演の機会を与えてくださった、しずこさんに、心から感謝。

そして、何よりその私達に、あたたかいご声援という1番のご褒美を下さったお客様と、その場を提供して快適なステージをサポート下さった主催者様に、厚く御礼申し上げます!!
一月は、祖母がお世話になった施設様二軒、母がお世話になった施設様二軒へ、慰問演奏にお邪魔させて頂きました。

(もう一軒は、インフルエンザ流行の為、延期となりました。皆様の早いご回復をお祈りしております。)

いつもあたたかく受け入れてくださる皆様。

スタッフの皆様には、祖母や母がこのようによくして頂いたのだなということを思い、

利用者様には、仲間としてこのように接して下さったのだな、と思うのと同時に、祖母や母の姿を見る思いです。

いつも思うのは、なにもかも便利になった世の中ですが、一番大切で一番必要なのは、「人の温もり」だということです。

そんな想いが伝わる演奏ができますように、そして少しでも恩返しができますように、今年も精進致したいと思います。

〈写真は、祖母がお世話になった施設様といつもよきお付き合いを結んでくださる従妹の民謡歌手・水野詩都子さんと〉
毎年1月4日には、浜松の宗安寺様にお招き頂き、演奏させて頂いております。「新春チャリティ寄席」と題して、今回は、津軽三味線 訓音会 名取の音百さんと津軽三味線演奏、漫談、真打・三遊亭遊之介師匠の落語というながれ。

昨年もご一緒させて頂いた遊之介師匠、今回はせっかくだからと、急遽、出囃子を担当させて頂きました!〈師匠と楽屋にて〉

光栄なことですが、この出囃子、もちろん師匠の動きに合わせて締めなければなりません。これがワクワクで、とても楽しいのです。新年から嬉しい初コラボ。

宗安寺様には毎年本当によくして頂き、お客様に感謝ばかり。

今年も皆様にとって良い年でありますように!!
昨年もお世話になりましたショッピングモール様にて新春イベントに出演させて頂きました。

今回は、三味線づくしでとの事で、三味線の本條秀五郎さん、津軽三味線の佐藤史織さん、そして民謡歌手の水野詩都子さんは唄と中棹で。知人の皆様も応援にお出かけ下さり、嬉しい仕事はじめとなりました。沢山のお客様に感謝申し上げ、終了後には、急いで岐阜へ!!

御家元のお宅へお邪魔して、先にご到着の総師範の皆様と合流、新年のご挨拶をさせて頂き、御家元ご家族の皆様に、大変ご馳走になり楽しい時間を過ごさせて頂きました。

新年から、あたたかいひとときを頂き、感謝ばかり。今年もいたりませんが頑張ります!!
津軽三味線 訓音会の卒業生・磐田市の長嶋さんがたくさんのご縁を繋いで下さり、掛川市へ。ほぼ一人で、(休憩込みの)2時間演奏は久しぶり。しかし、掛川市大須賀地区の皆様は本当にあたたかかった!拍手も、ステージからお声をかけさせて頂いた折のお返事も、皆様本当にあたりが柔らかくてほっこり癒されました。

また、お世話役の方々のチームワークが素晴らしく、ご自身のお仕事がありながら、地域のために積極的に取り組んでいらっしゃるお姿にとても感銘を受けました。また、うっかり舞台上で地元の名物を伺ったら、苺!とのお返事で、苺のお話に食いついた?ところ、お土産にメデイアでも大いに取り上げられているという有名な苺を頂いてしまいました。食いしん坊感が溢れてしまったようです(汗)。コンサートの後は、磐田市に戻り、お世話役の皆様と、長嶋さんのお店で大いに打ち上げました(笑)。

それにしても、こんなに人の輪(和)が嬉しくて有難い。感謝の気持ちは、一層の精進にかえたいと思います。
盛りだくさんの11月。
訓音会として、結びの演奏に磐田グランドホテルへ。

静岡県磐田市中泉地区、各町の皆様には、今年例年にもましてお世話になりましたが、この御席にはその役員の皆様がずらり。

入場シーンではこれまで経験したことのないような大きなご声援を頂き、大感激!!

演奏自体も、まだまだ芸の道は長いとはいえ、本当によくなって、この一年の訓音会の皆さんの頑張りにまたまた大感激。

たくさんの勉強をさせて頂き、たくさんのご縁とお気持ちを頂き、三味線と人の中にあることの嬉しさを一層かみしめた11月。

さあ、12月も頑張って今年を締めくくりたいと思います!
女性ばかりの和楽器ユニット「和楽(わがく)」のメンバーとして、大阪へ行って参りました。

朝五時、出発!大阪市内の渋滞にあいながらも予定通り到着。

しかし、洋楽器、中国楽器、トリをつとめる和楽器というパーティーアトラクションの流れの中で、怒涛のごとく変わりゆくスタート時間と演奏持ち時間に、予定曲目や流れの変更…。

そんな中、リーダーの友永さんの冷静な判断と、演奏者皆さんの素晴らしい協力により、無事終演!!ほっ…。

お客様からもお喜びの声を頂いたそうで、何よりでした!また、素敵なメンバーの皆さんと、打合せから、楽しく有意義な時間を共有でき、大変刺激になりました。

また、ご一緒出来る時には、もっともっとお役に立てるようになっていたいと思います。頑張ります!!
有難いご縁から、瀬戸の喫茶店にてライブをとのお話を頂きました。喫茶店ということで、お客様はだいたい30~40名様ほどか?と思ってお邪魔すると、なんと110名様!

その喫茶店は、前の代のママさんから数えて50周年をお迎えになるとのことで、記念のライブにお招き頂いたとのこと。

広い店内に、そのおつきあいの広さ・深さのわかるたくさんのお客様。ライブというよりは、ちょっとしたホール公演のような趣き。

どの土地にお邪魔しても、それぞれの地域性というか…感性の違いを感じますが、本当にじっくりしっかり聞いてくださり、かつあたたかいお客様ばかりでした。

早くから、たくさんの協力者様がご準備下さり、思いのつまった演奏会。また先代のママさんが三味線好きでいらしたとのことで、一層力が入りました!
〈和太鼓・シンセサイザー奏者の石原奈緒美さんにも、出演頂きました〉

お客様にも、ママさん・スタッフさんにも、協力者の皆様にも、本当によくして頂いた瀬戸。有難うございました、そして50周年、おめでとうございました!!
とある企業協力会様のパーティーに、邦楽デュオかぐやとしてお招き頂き、アイドルから女優として活躍された、小鹿みきさんと共演させて頂きました。

小鹿みきさんは、おいくつになられても、見とれてしまうほどの美貌を保たれ、パフォーマンスははキュートかつパワフル、楽屋やお席でも細やかなお気遣いを下さる素敵な方です。
また、そのパーティーには、歌手の小田純平さんも出演されていて、素晴らしい歌と歌声!

出演させて頂いた上、小鹿みきさんと共演、さらに小田純平さんの歌も聞かせて頂けるー本当に貴重な機会を頂きました。

お客様と一緒に参加させて頂いた、豪華賞品争奪じゃんけん大会にも、勝てれば一番良かったのですが?!(笑)

素晴らしい機会を頂き、邦楽デュオかぐやとしても新たな境地への一歩も踏み出せたように思います。

ご縁に感謝して、一回一回、一日一日を大切に精進を重ねたいと思います。