藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  訓音所属IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線★加藤流三絃道「訓音会」公式ブログ 「加藤訓音」のポリシー
先日、私の住む東海地方の新聞・中日新聞に、秋田民謡全国大会 三味線の部での優勝をとりあげて頂きました。

とりあげて頂いた朝から、お電話やメールなど、たくさんのお言葉やメッセージを頂き、感謝ばかりです。

考えてみれば、以前にもテレビやラジオ、新聞・雑誌に取り上げて頂くことはありましたが、それは私自身をとりあげて頂いただけで、私が何かを成した「事実」ではなかったので、

こうして、「事実」として伝えて頂けることの重みをかみしめています。

久しぶりの方も覚えていて下さり、皆様が我が事のように喜んでくださること、改めてこんなに思って頂けることの「有り難さ」をひしひしと感じ、

そしてそのように皆様に認知して頂いたからには、ますますそれに恥じない芸と人間であらねばと気持ちを引き締めました。

子どもの頃から私を見知っている、近所の皆様も、ものすごく喜んで下さり、「にっこり笑っているお母さんが見えるよ、喜んでいるよ!」とおっしゃって下さいました。

仏壇にも、新聞をあげて見てもらっています。
「親は無くとも親孝行はできる」と、ある心友が教えてくれましたが、少しは親孝行できたかな?と問いかけています。

小さい頃から、私のことを「宝物」と言って育ててくれた母に、かわいがってくれた父に姉に、何もしてあげられなかった自分がいますが、その分三味線を通して少しでも世の中のお役に立って、ご恩返しをしていきたいと思っています。

そして、こうして皆様からお言葉を頂けるのも、9回目の挑戦に消極的だった私を、諦めるなと諭して下さった師匠のお言葉とご指導が、あってのこと。

8回目の挑戦後から一層悩む私を、私のところまでおりてきて下さりご自身の語りたくないことまで語って下さって、ずっと励まし続けて下さった師匠に、ご恩返しできますように、

いや、これまでのご恩は大き過ぎて、なかなかお返しするには至らないかもしれませんが…精進したいと思います。

最後になりましたが、今回の掲載にあたり、秋田民謡全国大会・事務局様には、お忙しい中資料提供や取材に対し、多大なご協力とあたたかいお気持ちを頂きましたこと、心から御礼申し上げます。本当に有難うございました。
秋田民謡全国大会に出場して9年目、優勝を頂くことができましたが、実は昨年の大会時に、今年は出場しないつもりでおりました。

それは、大会に出場してきた7年間で、私のようなセンスも才能もない者が無い知恵をしぼって考えうるアプローチは全て試してきて、それでも審査員の先生方に良しとされなければ、もうあとは打つ手なし、それくらいの準備をしてのぞまなければと思っていたからでした。

しかし昨年は3位で、様々なことを考慮してもう出場は見送るべきと思っておりましたが、今年の申込期限も近づいた頃、師匠に相談させて頂くと、ご自身のことなどもお話し下さり出場をすべきとのことで、悩んだ末に出場することを決めました。

今年のアプローチは、それまでの大会ではくすぶっていた点が、昨年の大会で非常に明らかになった一点。

結果、その一点はまだまだ解消されなかったように思いますが、その一点を諦めずアプローチしたことで、

そうかそういう事だったか、秋田荷方節とはこういう音楽だったか、とそれまでの8年間では見えなかった聞こえなかった音楽の片鱗が少しだけ理解できた気がしました。

おこがましいかもしれませんが、本来音楽は「誰かと」競うものではなく、音楽そのものと自分自身と向き合うものだと思っています。

大会に出場してきたのは、
その音楽の解釈や技術が正しいものか、先生方に判断して頂き自らの芸を磨くため、
誰かと競い合っているようで、競い合う中で、より音楽と自分自身と向き合うため、
そしてそうした大会に挑戦する後進の方々に伝えるため、
そのように思って挑戦を続けてきました。

今回まだ、目標とした一点の解消はできませんでしたが、自分の中で新たな秋田荷方節の世界が見えた事、そして、限界と思ったその先に自分をこえることができると体感できた事、それらが9年目にして得た、私にとっての大きな成果となりました。

そして、来年のタイトルホルダー披露演奏の折には、その一点も解消した演奏ができるように、

そしてその先も、更なる向上を目指して、精進を続けたいと思います。
三味線を弾くのは座り仕事。どうも足腰が心配になり、マラソン大会に出場することにしてみました。3.3キロ、10キロ、ハーフ、とある中で、少し無理をしないと、と選んだのは10キロ。

普段は極力体が疲れるような事はしないので、10キロを完走するには、やはり練習が必要かと、1キロから徐々に距離を伸ばしていきました(汗)。

目標は、10キロを制限時間内に完走(歩)すること(笑)。途中6キロ地点でも時間制限が設けられており、途中までもペース配分が必要。まず、最初の数キロは何とか走れるのですが、そこからは、歩いて走っての繰り返し。やがて、最後尾争いをするように…。

まあ、予定通りでしたが、最後尾は、どう見ても70代?80代?の男性。しかし、ずっと笑顔で、歩くことなく走り続けられるお姿には、感服!

そして、10キロの終盤で、最後尾争いをしている最中、ハーフで最後のスパートをかけている方々と一緒になったのですが、私から見ると、100メートル走?!というスピード。人ってこんなに走れるんだね…と驚愕。

そのほか、町の方々に随分と不便をおかけして、多大なご協力を頂きながら、また沢山のボランティアスタッフの方々の、惜しみないご協力の賜物で、こういう大会が成り立っていることを見知ったり、

ゲストのキューちゃんこと高橋尚子選手とハイファイブ(タッチ)できたり、沢山の出店、開会式の学生さんのブラスバンド演奏、中日新聞ヘリコプターからの花束投下などなど…全て初めてづくしで、興味津々の楽しい半日でした!しかし、1番の楽しみは、昼食に狙っていた鰻の名店!!ところが…何と、バンテリンをはっている間に、お昼分の食数が完売してしまい…昼食難民に。

何とか昼食にはありついたのですが、どうも半年も前から鰻の予定をしていたお腹が納得しない。というわけで、夕食は、地元の名店へ!しっかり運動した後は、一層美味しく、極楽浄土!!

今年のテーマは、新たな感動を求めて、新たな世界に足を踏み入れること。まずは、第一歩!
加藤流三絃道 藤秋会 紫栄会(名取の会)では、年一回総会議を行なっていますが、その折に著名な先生方をお招きして、講演会・講習会を行っています。

過去には、高橋祐次郎先生や泥谷吉人先生にお越し頂きましたが、今回は、レジェンドとも言うべき民謡歌手でいらっしゃり、今年協会の名人位を受けられた原田直之先生にお越し頂きました。

御年76歳にして、民謡界のみならず、歌謡界と合わせても、現役のスーパースターでいらっしゃる先生の、貴重なお話と唄を間近にうかがうことは、本当に貴重な経験であり、感動・感激のひととき。多彩ななこぼれ話や、民謡以外の唄もご披露下さるお姿は、先生のあたたかく、ひろい御心・お人柄をあらわし、また本当に心から唄がお好きなんだなあとうかがえ、

純粋に、人や民謡に向き合う気持ちを、いつまでも大切にしなければ、大切にしたい、と思いをあらたにいたしました。

そんな中歌って頂いた「花は咲く」では、つい号泣(笑)。

こんな素晴らしい機会を頂けるのも、御家元のおはからい。自分以外の先生を招くということをされても、私達にひろく勉強の場を与えて下さる、

そのことに改めて感謝して、そして一年のご指導に感謝して、来年も頑張りたいと思います。
先日、邦楽デュオかぐやの相方、和太鼓・シンセサイザー奏者の石原奈緒美さん宅へ、リハーサルにお邪魔した折、奈緒美さんがケーキを用意していて下さいました。

「??、なんで??」と伺いますと、お誕生日祝いに、とのこと。

奈緒美さんは、9月2日、私は8月19日。

そして、従妹の民謡歌手・水野詩都子さんは、当日になるかならないかのタイミングで、心のこもったメッセージを下さいまして、

ほかにも、たくさんの方々からお祝いのメッセージなどなど頂戴しました、本当に有難うございました。

若い頃は、出会いにどれだけの意味があるかも深くわからずにいましたが、本当に今となって、より有り難さを実感しています。

あ、お誕生日のお祝いをしてもらったから、ではありませんよ(汗)。

誕生日は、これまでの人とのつながりと、どんな自分だったか、どんな風に人に接してきたかをふりかえる機会になるものだな、というお話です。

だいたい、反省しきりですが…(苦笑)。それでも、何とか健康で、好きな道を歩めることに感謝して、そしてこんな私とお付き合い下さる皆様に感謝して、また一年頑張りたいと思います。
なが年お世話になっている、藤田珠蘭先生。

元々は、とある新聞にとりあげて頂いた際、その掲載された方々でつくる会に誘って頂いた場で、出会いを頂きました。
それから、気がつけば20年近くもたちましょうか。

ご自身が会長をおつとめになる珠蘭会に、毎年演奏にお招き頂き、なにかと可愛がって頂きました。
この度、実務からは退かれ名誉会長となられるとのこと。

女性としての細やかな気遣いとあたたかさ、かつ、会長としての的確なご判断と堂々たる佇まい。
たくさんのことを勉強させて頂きました、心から感謝申し上げます。

これからは、もっと気楽に会に参加され、会員の皆様との交流に専念されるそうです。
そのほかの社交場でも現役の先生!どうかいつまでもお元気でお美しく、これからも宜しくお願い致します。

そんな先生はじめ、沢山の女性の先輩方を見習って、私も頑張ります!
民謡歌手・水野詩都子さんは、三つ違いの従妹で、彼女が生まれた時から一緒。

親同士の仲が良かった関係で会う機会も多く、また私達同士もいつも一緒に遊ぶのが楽しみでした。

民謡を始めた母に誘われ、祖母と一緒に毎週私の家に来て一緒に民謡教室に通ったしずこさん。

唄と三味線とに道は分かれたけれど、お互いのことを一番分かり応援している自負は変わらず。先日の舞台。だいたいお互い何があっても大丈夫、という信頼と安心感。東京への出発時。私は、お見せできない顔だったので(笑)。車内は、話の絶えることがありません。七五三。こんな写真が残っているくらいですから、やはりそれほど仲良しだった訳で。

6月は、しずこさんの誕生月。

人と芸に、とことん真摯なしずこさんに、ずっと勇気と元気をもらいつつ、これまで頑張ってこられました。

この不思議なえにしに感謝して、これからも、精進したいと思います。
東京滞在中に入ったカフェ。

頼んだのは、黒糖ラテ!程よい甘さで美味しくいただいていると、あるご夫婦が、席を探してウロウロ。

基本一人仕様の店内は、超満員ではないものの、並びのテーブル席は、席と席との間が一席ずつしか空いていないし、ボックスも一人席。

奥まで見に行った奥様と思しき方が「ううん、空いていないよ、おとうさん」とご主人に。

「そうかー…」と少し行き詰まった感。

それなら、と、「どうぞー」と、席を立ってボックスへうつってみる。一人だけなら、どこでも座れるので、何の問題もない。

「まあ、ご親切に!」とご夫婦。

すると、しばらくして肩をトントン。

「これ、よかったら食べて!」と(私がオーダー時に悩んだ)スイーツをご主人が私の席までお持ちくださいました。

いえいえ!いやいや…のやり取りの後、
「その為に買ったから、今お腹いっぱいなら持って帰ってね」とのことで、ありがたく頂戴。

お席でその様子をご覧になっている奥様に向かっても、有難うございますと会釈すると、奥様も笑顔でかえしてくださいました。
見知らぬ土地でも、心と心、笑顔と笑顔。嬉しさもいっぱいのひとときでした。
あけましておめでとうございます。
旧年中は、大変お世話になり、誠に有難うございました。

昨年は、何かと変化の多い一年で、周囲と自身、そして自分自身のバランスが、なかなかとりづらかったように思います。

もともと臨機応変が苦手なタイプですので、そうなるのは先刻承知の上でしたが、今年は何とか進化していきたいと強く思っております。

と同時に、一年一年、これまで感じてこなかった世界観や価値観を学んで、みずからがあらたまるのを感じ、

そうしていられることに、人に、思いに感謝しております。

今年は、2月にスタートする、「全国縦断にっぽん演歌の夢まつり」ツアーに参加させて頂きます。

素晴らしいツアーに参加させて頂けることに感謝して、精一杯頑張りますので、ご指導、ご支援のほど、何卒宜しくお願い申し上げます。

今年も何卒宜しくお願い申し上げます!!
前回のブログでご心配を頂いた皆様、有難うございました。そしてご心配をおかけしてすみません。

本来、健康管理も仕事のうちですから、どんなに忙しくても、「昨日は◯◯時間しか寝ていない」とか「◯◯が痛い」とか口にする事は、恥ずかしい事であったり、言い訳がましかったり、心配をかけるだけなので、言うべきではないと思っていますし、現場では口にしないようにしているつもりです。

ただ、同じお仕事の方で同じ悩みを持っていらっしゃったり、お弟子さんが同じ悩みを持つ日が来るのではという事を思うと、私におきている事を如何に解決すべきかという事を、あえて共有したら何か役に立つこともあるのでは、と恥?をさらしています。

同時に、悩みを解決する術も募集しています(笑)。

いかにメンテし、いかに無駄なく、いかによい三味線を、いかに長く弾き続けるか…、頑張ります!!
いつもお世話になっている和太鼓・シンセサイザー奏者の石原奈緒美さんが、新たなショーに挑戦されるということで応援に行って参りました。

もう長年のお付き合いで、以前どんな演奏をされていて、どんなことを目指していらっしゃったかも、ずっと見知っている仲。

いろいろな悩みにぶつかりながらも、ずっと前向きに頑張っていらした事を知っている者としては、今なお新たなショーに挑戦され、かつ素晴らしい気を放っている石原さんに、インスパイアされました!!

私も…私も!頑張ります。
最近、日本に海外の観光客の方が増えたことに伴い、海外のお客様に向けての演奏の場も増えました。

そんな時、びっくりするのが、日本の方がほとんどでも、そのご宴席自体、最初から最後まで英語の進行だということ…。

なら、アトラクションも英語ですよねー…。

ということで、勉強会を企画しました!アメリカのショービジネス界で、活躍された講師の先生をお招きし、実際の発音や、それぞれのキャラクターに合わせたジョークまで。

とても勉強になりましたが、多分海外の方には「ワタシハ…」と片言英語に聞こえていることでしょう。

しかし!東京オリンピックにむけて益々加速するであろうこの流れ。是非日本の伝統文化を自らの言葉で紹介できるよう、頑張ります!!
新年おめでとうございます!
本年も何卒宜しくお願い申し上げます。
今年は、いよいよ秋田公演が開催されます。皆様、ご支援・ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

そして、その他にも大きな動きがあろうかと思います。時代の流れがどんどん速くなる中で、変わらぬ民謡・三味線の素晴らしさをいかに伝えていくか、私に何ができるか、問い続け探し続け、少しでも結果を残せるように精進致します。

2017年が皆様にとって素晴らしい年でありますように。愛と平和が世界にありますように。
例年に比べ、驚くほど時間がとれた年末。
といっても相変わらずの要領の悪さで、てんてこ舞いは変わりないのですが、それでも、母がずっと気にしていたカーテンの洗濯ができました。

洗濯前の写真がないので、どれほどきれいになったか分かりづらいのですが…、それはもう衝撃的な白さ。

よく「新たな気持ちで」という言葉を耳にしますが、今年一年は、もっと信じて、もっと身を任せてみようと思って過ごしてきました。
そんな時、自分をいつもかえりみつつ、同時に自分のこれまでも大切に思おうとしてきました。

古いカーテンも気持ち次第で新品のようにまっさらになれる、これまでというキャンバスに新たな気持ちでどんな絵を描こう。

私のこれまでは、師匠である御家元、支えてくださる奥様、諸先輩、兄弟弟子、お弟子さん、お客様…すべての方の思いで支えて頂いたお陰様で、あります。

母、母と私を支えてくださる皆様。

あたたかい気持ちがあって、今を生きられる幸せを噛みしめます。本当に有難うございました。

来年、もっともっと頑張ります。

皆様にも、あたたかい気持ちがたくさんありますように。そして、どうかご健康で良い年をお迎えください。

昼は甲子園、夜はオリンピックと、スポーツ好きの方はお忙しい日々をお過ごしの事と思います。

私もうっかり深夜に、選手のオリンピックにかける意気込みを伝える番組を見てしまった日には、その種目についつい気持ちを持っていかれたり。

そんな中で、体操の内村選手が前回のオリンピックを振り返った折になぜよい演技ができなかったのか、「オリンピックに最高の演技を…」とオリンピックを特別視していた事が普段の精神状態から離れてしまった原因だったと分析していました。

ふと思い出した秋田大会。秋田荷方節を弾く時には、いつでも大会本番でもよいつもりで弾いていましたが、いざ本番の折に後悔がないようにと、普段舞台に立つ折に整えるコンディションよりオーバーワーク、もう弾く前に完全燃焼?してしまっていたように思います。

その時精神的にはそうするしかなかったのですが、結局私も大会を特別視していたのだなと改めて納得。いつでも最高のコンディションで最高の演技をできない者が急にできるようになる訳がないですね。

そういえば、誰か有名なダンサーさんが自分には「練習」という概念がなくていつでも「本番」だと言っていました。もっともっとよい練習(本番)ができるはず。

選手の皆さんは、そんな事はとうに…、心技体尽くして今自分と戦っていることでしょう。心から応援します。そして、私も頑張ります。