藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  訓音所属IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線★加藤流三絃道「訓音会」公式ブログ 「加藤訓音」とお弟子さん
私の地元・津島市の作詞作曲家で、歌謡教室を主宰されている髙山ひでお先生の古希のお祝い会で、邦楽デュオかぐやとして、演奏させて頂きました。

髙山先生は、元々母の歌謡教室の先生。歌が好きだった母が通える近所に教室を探して、飛び込みでお願いしたのが、髙山先生の教室でした。〈事前に撮らせて頂いた、高山先生。当日用の衣装を着けて〉

それ以来、髙山先生には三味線にも興味を持って頂くようになり、津軽三味線 訓音会にも入会頂き、今回は、邦楽デュオかぐやと共演で、その日頃のご精進の成果をご披露頂きました。

ご本人としては、大反省とおっしゃっていましたが、私は途中しっかり集中して弾かれているお姿に、日頃のたゆまぬご努力がしっかりと結実しているのを見て・聞いて、本当に心が震えました。

いつもご自身も舞台に立たれる、耳のこえたお客様も、途中思わず引き込まれて自然に拍手が起きたと思っています。

勿論元々のポテンシャルを考えれば、もっともっと本番の精度は上がるとは思いますが、一心に打ち込むお姿、それもその場だけではなくて日頃そうして励んでいる事がその場で滲み出るからこそ、人の心をうつものですね。

私も、自身を見つめ直して精進せねばと改めて。

そして、髙山先生は、大反省は次に生かせる!と次回に向けての意欲満々。いつまでも挑戦・進化を続ける方はお若いです。

益々お元気で、一緒に励んで参りましょう。心からおめでとうございました!!〈和太鼓・シンセサイザーの石原奈緒美さん、有難うございました!〉
前回に引き続きまして、津軽三味線 磐田教室の皆さんとリモート稽古。

前回は事務所二階でしたが、今回午前中は一階で私がお稽古していた為、名取 音幸さんとのお稽古中、犬のタケちゃんがうっかりワンワンワン!

やはりか…音幸さんに、ごめんなさいねと(汗)。
午後になり二階に移動、これでタケちゃんの出演はなくなった。

しかし、名取 音妙さんの初リモート稽古にて、音妙さん曰く、(猫を飼っているので)音翔さんのところのように〈前回参照〉もしかして、お稽古中入ってくるかもしれません、との事。

音妙さんのところには、ふうたくんという猫がいるという事は、以前から存じておりましたが、結局ふうたくん、今回お稽古中の出演はなし。

でも、私がたまらず、お稽古後、ふうたくんをオファー!〈ふうたくん、若干保護色になってます〉

初対面がかなったのでした(笑)。特別出演、有難う、ふうたくん。
愛知県の緊急事態宣言を受けて、津軽三味線・訓音会 磐田教室の皆さんと、リモート稽古をしております。

名取の音翔さんとお稽古の折、「自宅なので、飼っている猫が入ってきたらすみません」との事。

はーい、と言ってお稽古していると、音翔さんが弾く曲の終盤に、音翔さんとスマホの間に、噂の猫ちゃんが横切る…。

曲が終わって大爆笑。

君はこっちだよーとやりとりをして、しばらくすると、また猫ちゃんが横切る。
〈かげまるくん・2歳〉

よいニュースも少なく、暗くなりがちなご時世ですが、癒して頂き、楽しくお稽古させてもらいました。

有難う!!かげまるくん。
津軽三味線 訓音会の皆さんそれぞれと私・二人を中心に演奏の機会を持つ企画「二人会」。

7月上旬、名取の音梅さんとの二人会が実現しました。音梅さんは、転勤のあるお仕事ながら、東海地方を離れた折には、まだこんなにネットが便利になる前、カセットテープでの通信教育でもお稽古を続けられたり、ご都合でお休会されて後も復帰されたりと、長く三味線とお付き合いされてきた、とても頑張り屋さんです。

今回は、地元の皆さんの敬老の集いで、ご両親にも聞いて頂く機会を頂きました。

初めてのソロ弾きあり、ご挨拶あり、どれもしっかりとこなされ、私との演奏もぴったりついてきて頂きました。長年のご精進の賜物です。お客様もとてもあたたかく応援してくださり、喜んで頂けたようで、何よりでした。



地元の皆さんに愛され育てて頂ける事は、本当に大切で有難い事。お世話になりました皆様、本当に有難うございました。

これからも、頑張りましょうね!!
のびのびになっていた訓音会の免許授与式・披露宴。お忙しい中御家元にお運び頂き、名古屋市北区の料亭魚鉄さんで執り行いました。

受証者は、音風さんと音光さん。
お二人とも長きにわたり、訓音会を支えてくださった名取さんでありましたが、このほど準師範のお許しを頂きました。


お二方とも、私より人生の先輩であり社会的にもご経験豊富な方々ですが、三絃道においてはとても謙虚、しかしながら前向き、忍耐強くまた熱心に取り組んで頂いています。〈音風さん〉
〈音光さん〉

披露演奏では、緊張感もあった事と思いますが、無事弾きおおせ、披露宴では、来賓の和太鼓奏者の石原奈緒美さん、訓音会会員の仲間からも温かい気持ちを寄せて頂き、魚鉄さんの全面的なサポートも嬉しく、朗らかなよき会となりました。

お二人のこれまでのご努力とお人柄の賜物でしょうが、縁と絆に感謝ばかりです。記念の品に、決意もあらた。今後のお二人の三絃道が、その人生と周りの方々に意義深いものでありますように。仲間とこれからも励んで参りましょう!心からおめでとうございました。
大変長らくご無沙汰致しました。皆様、如何お過ごしでしょうか??

3月からずっとお休みになっていた、津軽三味線・訓音会 磐田教室のお稽古を再開しました。

会場となっている中泉交流センターも、様々対策を講じつつ再開となり、久しぶりにお邪魔する事がかないました。

やはり、椅子は以前より随分間引いて、窓は開けっぱなし、ドアも一定時間ごとに開けて更に換気をとの事。受付時に、お部屋で使用できるようにとアルコール消毒用の準備まで頂き、そのゴミの回収までお気遣い頂きました。私も、勿論マスクは着用で、合同稽古はせず、お一方ごとにお席を除菌シートで拭き、気休めかもしれませんが、こんな物も使用してみました。〈アクリル板・実際はアクリルでなく、アルコール消毒に耐える素材との事〉

お休み中は、音源を送信してもらったりの通信教育や、オンラインレッスンも受け付けたりしましたが、なかなか難しい点もあり。何より皆さんとお会いできる事が嬉しかったです。

ちょうど6月6日は、「お稽古の日」。不要不急の用事である三味線ではありますが、それでも好きな三味線ーお休み中に気づきのあった方も、とにかく毎日が大変だった方も、皆さんと手を取り合って新たな気持ちで三味線に向き合い、精進致したいと思います。
敬老の日シーズンには、毎年お世話になっている磐田市石原町様の御席にまたお招きを頂き、一年間のお稽古の成果を披露させて頂きました。 今回特別に準備・お稽古した曲があり、訓音会の皆さんには、なかなかの緊張感が漂っていましたが…本番にはしっかりとキメて頂きました!

また来年に向けて精進を誓い、有難い事に来年3月20日開催「藤秋会40周年記念 夢舞台2020」のご案内のお時間まで頂きました!本当にあたたかく見守って育てて頂き、感謝ばかり。 どうか皆さん、お元気で!! ご長寿、心よりお喜び申し上げます。

さて、この敬老会はお昼間に終わりまして、会場の醍醐荘さんから、移動開始!磐田グランドホテルさんへゴー。

次はまた、さる磐田市の方々のクロージングパーティー。しかし、名士の皆様は、「かぶる」もので?!昼間の石原町のお客様がまたそのお席に(汗)。

それが分かっていた為に、衣装もチェンジ、曲目ももチェンジ!!訓音会の皆さん、なかなかのハード?な流れにも関わらず、頑張ってついてきて下さいました。本当に磐田市の皆様には可愛がっていただいております!!

地元・磐田教室の皆さんが、訓音会卒業生の方のお力添えも頂きながら、地元の皆様としっかりとコミニュケーションをされ、応援頂ける環境を整えて下さっています。

お気持ちを大切に、これからも頑張りましょうね。
津軽三味線 訓音会 磐田教室の名取・音馬(おとま)さんは、地元・磐田市のご町内や近隣の皆様のところへ、三味線の音色を届けようと頑張っています。

9月には地元の敬老会で、私と二人での演奏も披露。地元の皆様からも、「(音馬さん)ものすごく頑張っていますよ!」「有名人ですよ!」と。〈敬老会にて〉

実は、このご町内の現会長さんは、訓音会の卒業生でいらして、卒業された今でも、訓音会に多大なるご支援を下さっています。

この会長さんと音馬さんは、良いコンビでいらして、本当に精力的にご活躍。

音馬さんは、普段から訓音会 磐田教室のお世話もすすんでして下さり、控えめながら物事をきちんきちんと進められる、頼れる方。時にキュートなところも素敵です(笑)。

地元の皆様に応援頂きながら、三味線に励むことのできる幸せを噛み締めながら、これからも宜しくお願い致します。
津軽三味線 訓音会 磐田教室の名取・音俊さん。

お仕事もとってもお忙しそうな上に、奉仕活動で若者らの海外と日本の交流のお世話にも力を注いでいらっしゃる中で、三味線にもパワフルに取り組んでいらっしゃいます。

9月は、音俊さんゆかりのお席にて、二回もソロにて津軽あいや節を披露。私が歌わせて頂きましたが、とっても歌いやすかったです!同じように忙しい毎日を送る、兄弟弟子の皆さんも応援に駆けつけて、盛り上げて下さいました。絆に感謝!

あるお席では、和太鼓・シンセサイザーの石原奈緒美さんにもご出演頂き、癒しのメロディと迫力の音色で演奏を後おし頂きました、大変有難うございました!

音俊さんは、いつもニコニコ、気さくにされていながら、たくさんの方々に想いを寄せて、細やかに様々なご配慮をされる方。

あるお席では、音俊さんコールが巻き起こり、素敵なお仲間のあることもそうしたお人柄ゆえかと納得。

音俊さん、共演くださった皆様、大変お疲れ様でございました!!これからも一緒に頑張りましょうね。
浜松市の某御席、訓音会にて演奏させて頂きました。

ご家族連れの方もいらっしゃるという事で、参加型のプログラムで私達も楽しく演奏させて頂きました。お顔の広い磐田教室の皆さんの頑張りのおかげ様で、客席には偶然のお知り合いもたくさんいらして、以前の演奏から腕を上げたとお褒めの言葉も頂いたようで何よりです!

それにしても、訓音会の皆さんは、相変わらずの私の無茶ぶり(汗)にもしっかりとこたえて下さり、頼もしい限り。

名古屋から、和太鼓奏者の石原奈緒美さん、今池教室の音風さんにも参戦頂き、盛り上がりました!
お客様、お世話役様には、本当に良くして頂き、幸せ者です。
訓音会の皆さん、感謝を忘れずこれからも頑張りましょうね!
毎日暑い日が続きますが皆さまお変わりありませんか??訓音会では、磐田教室に今池教室のお二人も名古屋から合流頂き、合同稽古を行いました。

来年の40周年記念公演の為に、早め早めの仕上がりを目指して、しっかり頑張って頂き、終わり頃には皆さん目の焦点が…?!

終わりましてからは、やっぱり夏は冷たいビールですね!磐田教室の室長・音翔さんがセッティング下さり、美味しいお料理と楽しいひと時を過ごさせて頂きました。

皆さんそれぞれに三味線に向き合って頂き、真剣に取り組んで頂いているお気持ちなど伺い、共に頑張る同志として、絆が深まるのを感じておりましたら…

こんな素敵なケーキが運ばれてきました!!今月お誕生日の私のためにご用意下さったそうで、感激です!!実は、この日は音翔さんのお誕生日でもあり、私の誕生日の翌日は、音幸さんの誕生日でもあり。

性別も年齢もお仕事も地域も違っても、同じ三味線の道を進む皆さまと、こんな有難い交わりを頂ける幸せ。本当に有難うございました!!

うっかり集合写真を撮り忘れた事だけが悔やまれますが(汗)。

さあ!(身体に気をつけながら)また、よい音楽を目指して頑張りましょう!!
津軽三味線 訓音会 磐田教室のお稽古後に、教室の皆さんが第10回秋田民謡全国大会 三味線の部 優勝を祝って食事会を開いて下さいました。

名古屋から、音風さんも駆けつけて下さいましたが、皆さん連休のお忙しい中、また体調などの状況もある中、時間をさいてお祝いして下さって、こんなに嬉しいことはないと思っていましたのに、私のことをよくよく考えて選んでくださった心のこもった、素敵なお祝いの品の数々まで頂戴してしまいました。

また、お仕事で出席できないという方からは、かわいい!お花束まで届きましたが、それまでにも他の訓音会会員の方々からも、もったいなくもお祝いのお志をたくさん頂戴してしまいました。

父は28年前、母は昨年、姉は8年前に亡くなって、私を育ててくれた家族に、この優勝を誇りに思って喜んでくれる人は少なくなりましたが、

またここに、自分のことのように・自分のこと以上に喜んで、誇りに思って下さる方々があることが、こんなに「有難い」喜びと奇跡であることを、この優勝が改めて教えてくれました。

そこにいたる過程がとても長く、またその過程の意味がとても大きかったことに比べて、優勝という結果自体は驚くほど唐突で、自分の中の感情的な衝撃はある意味あっけないほどに感じてしまうのですが、

その結果が教えてくれた、師匠の言葉の一つ一つに始まって、私とつながって下さるお一方お一方の、私にむけて頂いているお気持ちの尊さが、

もっとそのお気持ちに応える人間でありたいと、私を鼓舞し、勇気付けてくれます。

そして、訓音会の皆さんを介してお世話になっている方々も、喜んでくださっているということ、私という人間は小さいけれど、お気持ちとお気持ちがつながることの「縁」の喜びの大きさを教えてくれました。

昨年母が亡くなって、ある意味大きな喪失感・空虚感を抱えていた中一層に、これらのことを「無上」の喜びと言わずして何と言うのか…感謝を表す言葉が見つかりません。

人は、何かのために生まれるのではなくて、生まれてから何を成すのかだと、思ってきましたが、そうか、このことを教えてもらうために、生きてきたのかと思えるほどです。

私は人前で、自分の感情を表すのが苦手な人間ですが、とてもとても幸せな一夜でした、本当に有難うございました。
津軽三味線 訓音会 日比野教室の大杉さんは、さる一流企業にお勤めだったのですが、ある日一念発起され、その会社をおやめになって鍼灸の資格をとろうと学校に通われていました。

努力家の大杉さんは頑張りすぎてお身体の調子も心配なほどで、勉強のために、資格がとれるまではと三味線も一時お休みになっていましたが、このほど連絡があり、見事、国家試験に合格されたとの事!!

そして、有言実行で、お稽古も復帰を果たされました。健康、家庭、お仕事、といろいろと人生の要素がある中で、その変化にも、三味線と共に歩もうとされる事に、三味線にたずさわる者として、本当にとても嬉しく、三味線を通して交われる喜びをかみしめました。

とられたのは、

あん摩マッサージ指圧師
はり師
きゅう師

の資格だそうです。早速お仕事に入られるそうで、私も、教室の他の生徒さんも、もう学校に通っていらっしゃる頃から予約済み(笑)というくらい、ご活躍を楽しみにしています。

美しい花と共に、よき知らせ、バンザーイ!!
はい、もう回顧録?のタイミングになっておりますが…新春を寿ぐ会、中日本地区連合大会当日。

朝、コピーしてから会場に向かおうと、すっかり準備していたはずの資料が、いざコンビニで見つからない!!

結局家に戻って、一旦裏紙使用のボックスに入れた物をとって、あわててコンビニへ。コピー機の蓋をあけると、そこには探しに探したオリジナルが…。

朝から何をやっているのやらと、気を引き締めて賀城園へ。

朝から続々、8時30分~9時には、音響担当さんや、事務局さん、設営担当さん、来賓受付担当さん…が集合。

事前打合せに別途お日にちをさいて頂いているので、もう後はお任せするだけでしたが、皆様本当に主催者意識をもって素晴らしいお働きをくださいました。

また、お世話係の皆様はじめ、急遽お手伝いをお願いした方々も、皆様すすんで気持ちよく!お手伝い下さり、本当に感謝ばかりです。

今回は、協会最高顧問をお迎えしたり、その他にもいつもと異なる対応を求められることがありましたが、おかげさまで何とか一日を無事終えることができました。


合奏・津軽の響き部門では、訓和さんにおとりまとめをお願いしておきましたら、さすがのご采配を頂き、こちらも感謝ばかり!結果は、準優勝。

合奏・六段部門では、訓音会はまた課題を頂きました。次回に向けて頑張ろう!

独奏・六段部門シニア、訓音会では勉強のため、持ち回り?で出場して頂いていて、今年は音光さんが出場。とても良い音色で弾いていらっしゃいました!!一般のアトラクションとは全く違う緊張感の中、よく弾かれていたと思います。

唄部門では、準優勝を頂きました。よい唄ではなかったと思いますが、出番順に助けられた様?!

宴会では、アトラクションで、ご来賓、そして会員の皆様にご出演頂き、楽しいひととき。〈青年部の皆様は、DA PUMPさんのUSAを!〉

遠方からもたくさん!!ご参加・ご協力頂き、今年一年の決意を共にできたことは、何よりの喜びでした。

皆々様のご参加、ご協力に心から感謝申し上げます。さあ、いよいよ40周年記念公演にむけて始動です!
さかのぼって記事を掲載しておりましたら、すっかり時系列が…。
藤秋会の「新春を寿ぐ会」、「中日本地区連合大会」が先でした!

会場は、いつもお世話になっている賀城園さん。今年は、例年に増して、たくさんの皆さんに参加頂くということで、設備ギリギリのところをご無理申し上げました。
前日から設営、皆さんがきちんと三味線を弾くことができるスペース、そしてその間に調絃に入れるスペース、そのほかの通路、などなどを確保、細やかなお気遣いを頂きながら、スタッフの皆様総出でご準備下さいました。 お一人お一人が本当に気持ちよく一所懸命に対応くださるのは、社長様や女将さんのお人柄でしょうか。

1日で、式典、大会、宴会という三場面を、ご来賓もお迎えしながら、何とか進行できるのは、まずひとえに賀城園さんの全面的なご協力の賜物です。
つづく