藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  訓音所属IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線★加藤流三絃道「訓音会」公式ブログ 津軽三味線全国大会
たくさんの方に支えて頂いた、第10回秋田民謡全国大会。

3月から、すぐ故障するお年頃の身体のメンテの為に、管理栄養士の勉強をしている姪に頼んで、「筋肉ごはん」(笑)をつくってもらいました。

姪は、自分も大会を控えて身体的にも精神的にも追い込まれているにも関わらず、一生懸命私のスケジュールと身体に合わせたメニューを考えてくれました。〈因みにこちらは、ある日の姪自身のごはん(笑)〉

そして、姉妹以上の従妹であり、民謡歌手である水野詩都子さんは、毎年私以上に私の事を思い、祈ってくれ励まし勇気付けてくれました。
今回は、地元・名古屋の熱田神宮の勝守を渡してくれました。人事を尽くして天命を待つ、と言いますが、このお守りを受け取ってから、ずっと三味線ケースに入れ、「人事を尽くしたら」このお守りにお願いしようと思っていました。

しかしながら、実際そんな簡単に「人事」は尽くせない、最後まで人事かと覚悟していたのですが、出番直前にはこのお守りを両手で握りしめ、お願いしていました。

そんなご利益のあるお守りを下さった詩都子さんからは、涙声のお祝いメッセージが留守電に。

そして、30年来の姉弟子・訓成さん。タイトルホルダーのお役目も昨年終わられましたが、ご自身が出場されている頃からずっと励まして下さいました。

お互いに力を尽くしつつ、お互いのよい結果を心待ちにしていました。はたから見たらおかしな関係かもしれませんが、音楽とは本来競うものではなく、本当に自分と音楽と向き合って、よい音楽を奏でた時についてくるのが結果だと。

今回も、エアーや宿泊、レンタカーの手配から、細やかな連絡のやりとりや、現場の対応、会派の方々との手合わせ、全部やるからね!と全て引き受けて下さいました。

いつも、古き良き日本の家庭の母のように、気づかないうちに(気づかないように)全て快適に段取りをしてくださっています。それがどれだけすごいことか…。

そして、会場で結果発表があった瞬間、客席で一番大きな歓声をあげて、泣いて喜んでくれました!

表彰式を終えて舞台袖に入ると、昨年のタイトルホルダー・訓平くんが、待ち構えていてくれて、優勝旗の箱詰めを手伝ってくれました。
そして入賞した京泰くんや訓樹くんも、自身のこともあるのに、皆手伝ってくれるのです。何とよい若者達でしょうか。

名古屋に戻り、指導に行きましたら、今池教室の音風さんがお祝いの花束を用意してくれていました。最初の出場の頃から応援してくださっている音風さんのお祝いの言葉に、うっかり泣きそうに。

たくさんのお祝いメールは頂いていましたが、音風さんいわく、訓音会の皆さんもとても喜んでくださっていると!
本当に皆様のおかげ様です。
4月13日土曜日、4月14日日曜日の二日間行われた、第10回秋田民謡全国大会。

4月14日の「三味線の部・秋田荷方節」にて、優勝させて頂きました。

第二回大会から出場して9回目の出場でしたが、会派としての序列の中で結果を出せない私を、

これまで師匠はどのような思いで見守っていて下さったか、毎年奥様はどれだけのご馳走と励ましで送り出して下さったか、

兄弟子の訓栄総師範や、姉弟子の訓成総師範が、お忙しい中わざわざ時間をさき、秋田まで来て下さって、本来私がすべき会派のサポートまで何も言わず全て買って出て、毎年万全の態勢で送り出して下さったこと、〈歴代優勝者5名の内の4名様、応援有難うございました!〉

秋田本部の皆さんが、まるで当たり前のように、当日必ず早くから控え室の場所取りをして下さって、差し入れや食事の席で歓待して下さったこと、
〈たくさんの皆様からこんなに頂いてしまいました、差し入れ〉

同じ出場者の皆さんも、ご自身も三味線を弾くのに、年嵩の私を気遣って荷物の手伝いや細々とした手伝いで助けて下さったこと。

遠い地からは、

いつも応援して下さるお弟子さん方、

愛すべき友人達、

家族。

その応援の全てが、目に見えない力になることを、体験しました。

そして皆さん、「自分の事のように」喜んでくださり、その事が何よりも嬉しく、こんなに思ってくださる方のその思いがあって、私が生かされていること、改めて感謝の思いでいっぱいです。

優勝させて頂いたからには、その名に恥じぬよう、一層の精進をせねばなりません。その道はまた新たな景色でした。

師匠、師匠が諦めるなとさとして下さったあの日のお陰です。ご指導、本当に有難うございました。そして、これからも何卒宜しくお願い申し上げます。
御家元が理事長になられてから、2回目の全国大会がやってきました。毎年会場が変わる中での、東京オリンピックプレゼンテーションの段取りのため、連合会長であり筆頭総師範の訓栄さんは1日から、訓成さんと私は2日目から会場入り。

3日目から、藤秋会の皆さんとも合流し、怒涛の3日目は始まったのでした。

9時30分会場オープン、10時藤秋会リハーサル、10時15分プレゼンミーティング、10時40分~12時10分プレゼンリハーサル・移動・待機…

そのまま連合対抗戦、プレゼン本番、器楽合奏、ジュニア部門伴奏、民謡グランプリ、表彰式!

訓栄さん、そして訓菊さんのお骨折りと、何より約500名に及ぶ出演者の皆様と、協会役員・舞台スタッフの皆様の多大なる!!ご協力により、プレゼンも無事終了、客席からの大きな拍手に安堵。

そして、藤秋会では、慣れない会場、時間がとれない中のリハーサルでも、皆さん団結され、嬉しい優勝を頂き、本当に何よりでした!私はといえば、民謡グランプリに出させて頂くというのに、二週間ほど前から原因不明の咳に悩まされるという自己管理の悪さで、

元々の音痴から歌っている最中に音程が分からなくなって歌えなくなるといういつもの悪夢に加え、歌っている最中に咳で歌えなくなる、という悪夢を見て参りましたが(苦笑)、

尺八奏者・佃さんの素晴らしい伴奏に支えて頂き、何とか無事歌い終えることができました、素晴らしい舞台で勉強させて頂き、感謝ばかりです。〈遠目からでも緊張がありあり〉〈終わってからは、やはり表情が違いますね(笑)〉

心残りは訓音会の皆さんと写真が撮れなかったこと…しかしながら、気が付けば、会員さんの方から状況の報告を下さったり、会のお手伝いを率先してしてくださっていたりと、頼もしい限りでした!!

お世話になった師匠はじめ兄弟子、姉弟子、会員の皆様、関係各位に心から感謝して、反省事項も多々ありましたが、また精進を重ねて、次回につなげたいと思います。
先日行われました、倉敷大会での模様を、岡山支部の訓友さんがフェイスブックに上げていらっしゃいましたので、

関係各位にご了解を頂き、掲載させて頂きます!
ーー
加藤流三絃道 姫路 岡山藤秋会
25名で参加

◯6段の部
◯オリジナル独創曲の部
2つの部門で優勝しました

会場での
ご声援誠に有り難うございました🙇
大会運営の皆様
ホテルスタッフの皆様の笑顔
行き届いた配慮に心より感謝申し上げます

大会出場をFacebookで
告知して欲しかったとの声も頂き恐縮です

私が言うのは大変おこがましいのですが
藤秋会は加藤訓家元率いる常勝軍団
優勝以外は0
準優勝と最下位は同じ意味
と常に教えられてきました

地元岡山で負ける事は出来ない
負ければ先輩方に顔向け出来ない
まして師匠に何と言えばいいのか
藤秋会の新しい衣装を
身に纏い戦うのは私達が1番最初
それに泥を塗りたくない
来月ある大会へ負でバトンを渡したくない

何が何でも勝ちたい❗
勝って師匠に応えたい❗

正直 負けた時を考えると
告知なんて出来なかったのです

勝つ為に不安を全て努力に代え
過去最高の自分の音を出そうと
課題を1つ1つ潰していき
岡山の仲間と共に鼓舞してきました

もちろん大先輩である姫路藤秋会の先輩方が
いなければ成し得なかった結果です
舞台直前まで「音を1つに団結しよう」と
指揮をとって下さいました
結果発表までが気の遠くなるような
耳の奥までツーーンと音がする目眩がする
そんな気持ちでした

師匠❗
出場を発表された時には
顔は笑顔でしたが倒れそうでした
戦わせて下さって有り難うございました
今日より更に次なる目標に向かって全員で
精進していきます

岡山藤秋会
ーー
本当におめでとうございました!!!
今度は、そのバトンを郷土民謡民舞全国大会につなぐべく、頑張ります。
先日、台風のためお稽古を断念し、行けなかったはずの名古屋大会へ。

その日、他にもこなさなければならない事があり、時間に制約がありましたが、訓成会さんの出場された合奏部門は何とか聞け、ほっ。 〈出場された、訓成会・学生の皆さん!〉

大会に行くたびに、思うことは、基準をどこに設けるか、がとても難しいなということ。

結局は、独奏でも合奏でも「津軽三味線」をどうとらえて、どう伝えていくか、というところに帰着する気がします。

どちらにしても、こうした大会が、たくさんの愛好家の研鑽の場となり、ファンを増やしたり、また津軽三味線について皆で一緒に考えていく、よい機会になることは間違いなく、

そうした大会を、毎回改善を重ねつつ、運営してくださる皆様には、本当に感謝ばかりです。

訓成会の学生さん方も、立派に弾ききり、真摯に向き合う姿勢が、とても清々しかったです。これを励みに益々精進されることと、今後が楽しみです!
こういった大会では、たくさんの方々のご協力を頂いています!

合奏部門でも唄部門でもお世話になった、尺八・篠笛奏者の佃 康史さん。公演でもいつもご一緒頂きますが、

演奏は勿論のこと、私達に負荷がかからないように、気づかないようにさりげなく、しかし万全のサポートを下さる素晴らしい演奏者でいらっしゃいます。佃さんファンの方のために、もう一枚。


そして、お写真がないのですが、美容の松野さんと鵜久森さん。

一流アーティストを担当される方々が、私達の動きに合わせて、やはり私達に気を遣わせないように本当に自然に、しかしとことん私達を舞台で美しくと、おつきあい下さいます。

そして、毎回動きが頼もしくなる青年部の皆さん!最後の最後まで、荷物や段取りに、汗をかきかき、駆け回ってくれました。

そしてそして、忘れてはならない、事務局の訓慶さん!!いろいろな事案が重なる中、いつも一つずつ丁寧に対応下さいます。それがどれだけ有難いことか…。

皆様、本当に有難うございました!!
御家元が、一般財団法人 日本郷土民謡協会の理事長に、

そして筆頭総師範の訓栄さんが中日本地区連合会長に就任されから初めての、「郷土民謡民舞全国大会」。

会場が日本武道館から変更になって最初の大会である上に、台風の襲来…。

そんな中、無事閉会を迎えられた役員・スタッフ・関係者の皆様には、本当にお世話になり有難うございました。

3日間行われた津軽三味線大合奏ブレゼンテーションは、訓栄会長が段取りを取り仕切られ、出場者の皆様のご協力を頂き、無事終演。

3日目は約400名の演奏でしたが、とてもよく揃っていたように思いました!


さて、藤秋会の出場に関しましては、
器楽合奏部門にて優勝を頂き、

私の唄は、残念ながら入賞はかないませんでしたが、

大師範の訓芳さんは、唄部門にて入賞!
そしてそのお弟子さんの芳廣さんは、別の唄部門にて三位!!

そして、訓煌くんは、三味線グランプリ部門にて、とてもよい演奏でしたが、残念ながらコンマ1差にて、それでも準優勝!!!

皆様、大変おめでとうございました。

訓栄会長の出演された成年部の舞台も大変素晴らしいもので、会場は大いに盛り上がりました!

私自身も、たくさんの課題や励ましを頂きました、さらなる精進を致したいと思います。

ご指導頂きました師匠、奥様、有難うございました。ご出場、ご出演の皆様、大変お疲れ様でございました、そして有難うございました!
さて、今回も青年部が、ばりばりと頑張っておりました!

出場二度目ながら堂々の三位、薩摩支部の訓平くんと、初出場・数日間の間にさらに急成長、訓京会の京泰くん、お兄さんの応援に駆けつけた訓煌くん。

しっかり技術も勉強しつつ、私達のフォローもしてくれ、本当に頼もしい限りです。〈初出場者には、お約束の秋田空港・なまはげとのツーショット。京泰くん!〉

そして!第4回優勝者の訓栄さんは、大会会場楽屋で本番までずっと出場者の皆さんにつきっきりで稽古をつけて下さり、御家元宅と会場を何度も行き来してくださいました。

御家元・奥様のご指導は勿論のこと、本当に皆さんのお気持ちあってこそ、こうして好きな三味線を存分に勉強させて頂いています。

今回も感謝感謝の秋田民謡全国大会でした。
さて、御家元のお膝元、民謡王国・秋田には、やはり特別な空気感があります。

とにかく高名な先生方がずらりと揃った審査員席、レベルの高い出場者の方々の唄・三味線。

奥さんのつくって下さる美味しい秋田の郷土料理や、(私の大好きな)すじこのおにぎり。きれいな水と空気、食材、その風土からの恵み。

大会会場の楽屋で盛り上がっている高齢者の部の方々の、どうしても意味が分からない秋田弁の会話(汗)。

中でも秋田本部の皆様のあたたかいお気持ちは格別です!!

大会ではいかに出番までの時間を過ごすかが、とても大きなポイントですが、その為にはまず限りある控室のポジショニングもとても大切になってきます。

出場者の皆さんがすぐに準備に入れるように、秋田本部の訓信さん方が、朝一番で場所を確保してくださり、会場ではすぐに売り切れてしまうこともあるお茶なども、しっかり準備。
お茶菓子やあたたかいコーヒーなどもご用意下さる完璧なケータリング。

本当に演奏に集中できる環境を整えて下さり、そのお気持ちに「感謝」しかありません!大会結果が出てすぐに移動した食事会会場には、「優勝二位三位おめでとうございます」の貼り紙!ええっ、さっき結果が出たばかりなのに?!

三位までの方々へ、それぞれお花束の贈呈!〈優勝の訓成さんと秋田本部会長の訓信さん〉7月の秋田公演を控え、大会中もずっと何かしら作業をされるようなご多忙の中、私共をこんなにあたたかく迎えて下さり、秋田本部の皆様、改めて感謝申し上げます!!

7月の秋田公演では、お気持ちに報いるよう頑張ります。再会を心待ちに!!
先陣に遅れ、土曜日から秋田入り。
第8回秋田民謡全国大会にやって参りました!

土曜日は、唄の予選。新しい着物で、気持ちもあげて、何より訓成さんの素晴らしい伴奏で、無事予選を通過致しました。
常連の秋田本部・訓實さんも予選通過!!


そして!いよいよ三味線の部、唄の決勝ほかが行われる日曜日。三味線の部では、9人がエントリーした藤秋会から、

優勝 訓成さん、準優勝 訓音、3位 訓平くん、となり、さらに入賞がお二方、唄の部門では、訓實さんが入賞と、嬉しい嬉しい結果となりました。

これもひとえに御家元、奥様のご指導と、優勝後も毎年サポートに来て下さる訓栄さん、万全の受け入れ態勢を整えて下さる秋田本部の皆様、全国から応援して下さる藤秋会の皆様、のお気持ちの賜物です。心から感謝申し上げます。

そして、ずっと一緒に挑戦してきた訓成さんの優勝は、我が事のように嬉しく!!!本当におめでとうございました。

どんどんレベルアップしている藤秋会の皆様と、さらなる精進を誓います。やはり三味線が好きだなあ、と心から思える瞬間に感謝を込めて。
いよいよ翌日の三味線の部。朝から皆さん、ひたすら手慣らし・調整。

その間に、応援に駆けつけてくださった方々とご挨拶。
秋田本部の本部長・訓信さんは、いつも何もかも!お手配下さいます。そして、本部の皆々様も続々と。
毎年応援に駆けつけて下さる富山の訓芳さん、宮城の訓實さん…。

そして、今年は歴代優勝者・訓栄さん、栄正さんまで、わざわざ駆けつけて、万全のサポートを下さいました。
その間にも沢山の応援メッセージか携帯電話へ着信。

本当に何と幸せ者でしょうか…そのお気持ちに何とか応えたいと出場者の誰もが思ったに違いありません。

〈第2回から、ご一緒させて頂いている訓成さん。〉

皆さん、それぞれの想いを胸に舞台へ。
出番の遅かった私は演奏後しばらくしたら、もう入賞者の発表とのこと。
そして…!、結果は御家元のブログの通り。
http://tosyukai777.blog72.fc2.com
残念ながら藤秋会から優勝者はなかったもののたくさんの入賞を頂きました。

優勝されたのは浅野鵬修さん。鵬修さんも悲願の優勝だったのではと、同じ出場者一同男泣きの鵬修さんにもらい泣き。
そして、浅野梅若旗を手渡された二代目梅若先生と握手をされた時には会場から満場の拍手が。

そこにいる方々は、みな三味線を愛する同志で、そこにかける想いもみな共有しているのだと改めて、三味線への情熱を思った瞬間でした。

もう今年が限界かと思いましたが、御家元のご指導、奥様、皆様のせっかくの応援に応えられなかったことだけが心にかかり…、同じ女性の訓鈴さんや人生の大先輩である訓美さんが参戦され、情熱をもって素晴らしい演奏をされるお姿にも励まされました。

やれることはやり尽くしたと思っていた準備にもまだまだ、まだまだ改善点があるのだと課題も見つかり、それをやり尽くしてみたいと思います。精進します。

ご指導・応援、心から有難うございました!!!
今年も行って参りました、秋田民謡全国大会
!三味線を弾く者にとっては、秋田荷方節をそれぞれが思いを込めて演奏し、競う大会。

この大会で、沢山の勉強をさせて頂き、育てて頂いている気がします。
〈今年は、鹿児島から訓平くんも新たに参戦!名古屋発の機内にて〉

私は、前日の唄部門にも出場。4年目ですが、最初はまさか自分があの秋田で歌わせて頂く日が来るなんて…、と緊張で節を忘れないようにするのが精一杯でしたが、やっと歌っている最中に歌に集中する事ができるようになってきました。〈控室前にて・今年も「シルバー」ホールにて(笑)〉

そして、周りは素晴らしい方ばかり。よい唄を沢山聞かせて頂き、秋田の味とはどういうものか、そういう事を今更ながら、より考えるようになりました。
結果は予選突破ならずでしたが、また課題をはっきり見つける事ができた事は自分にとっては収穫でした。

大会は同時に年に一度、御家元のお膝元であり民謡王国である秋田の方々と交わり、秋田の水(お酒?)、食べ物、風土にふれる機会。

唄の予選後には交流会!
〈締めくくりは、応援に来て下さった、前々々回チャンピオンの訓栄さんと、訓成さんも伴奏して下さり、鹿角お山コを皆さんで輪踊り!!〉

沢山秋田に触れ、奥様に秋田の美味をご馳走になり、さあ、いよいよ三味線の部へ!
自宅に戻って、頂いた賞状をお仏壇に。

改めて眺めると、びっくりするくらいきれいな字で、訓音の名前が書いてある。

あまりにきれいな字なので、印刷か?!とまじまじと眺めたが、間違いなくその場で書かれたもの。

そういえば、日本武道館の賞状を書くためのお部屋には、数人の係の方が常駐されていた。

あの方々がこんなにきれいな字を書いて下さったのか、と沢山の方々のお陰様で大会が成り立っている事に改めて感謝の念。

今度は、「優勝」と書いて頂けるように頑張ります。
行きの新幹線では、チョコレートとコーヒー。

帰りの新幹線では??

勿論、ビールとポテトチップスです!

お約束・胃が痛くなりながらも、やめられません、これだけは?!
訓音が出場した唄の部門はヤング編。

誰がなんと言おうと!規定上!誕生日からすると!「ヤング」編になってしまうのですが…(下の世代は「ジュニア編」)。

当日、出場受付に立ち寄って、

唄の部門の出場なのですが…と係の方へ申し出たところ、

あ、シニア編ですかー??

ときかれました…(「シニア編」は上の世代の部門)。

そそそんなに、貫禄あったかな(汗)。